Currently browsing author

東内 拓理, Page 2

GIMP 2.8 で赤外線写真のLabカラースワップを行う方法

赤外線写真に、現実と虚構を同居させるのに有用な手法がカラースワップです。

以前のエントリでPhotoshopで行うカラースワップを紹介しましたところ、フリーソフトの「GIMP 2.8」でLabカラースワップする方法について質問されました。そういえば、GIMPでのやり方は同人誌にも書いていませんでした。この記事で紹介させて頂きます。

なお、Labカラースワップの技法は、写真家の澤村徹さんが出版された写真集「BLACK MORNING」で紹介されていたものです。この記事は、それをGIMPで再現したものになります。

ホワイトバランスを調整した写真を準備します

撮って出しの赤外線写真
撮って出しの赤外線写真

この写真は、富士フイルムの「SC66」フィルターを使用し、ホワイトバランスを木の葉に設定して撮影しました。本格的な赤外線写真は、SC70〜SC86といったものを使う事が多いのですが、こちらの方が色の変化が分かり易いので、今回はこれを題材にします。

GIMP で写真を開き、Labカラーレイヤーにして作業を行います

GIMPにはPhotoshopのようなLabカラーモードがありませんが、仮想的にLabカラー編集を行える「チャンネル分解」機能を使うことで、ほぼ似たようなカラースワップを行えます。

※GIMP 2.8 は、チャンネル分解時におけるカラースペースの取り扱いや、カラープロファイル対応により、Photoshopとまったく同じ結果(厳密な色の同一性)にはならない事がありますのでご注意下さい。ご指摘頂いた @yamma_ma さまに感謝いたします。

GIMPで写真を開いたら、「色」メニューの中にある「チャンネル分解」を選択します(下図)。

「色」→「チャンネル分解」
「色」→「チャンネル分解」

チャンネル分解のダイアログボックスで、「色モデル」を Lab に設定し、(チェックされてない場合は)「分解したチャンネルをレイヤーに展開する」にチェックを入れます。(下図)

色モデルをLABに設定して、レイヤーに展開する

これで「OK」を押すと、Labカラーの各色要素を、グレースケールの3層レイヤーに変換した画像が、新たなウィンドウで表示されます。画像がモノクロ画像に見えてしまいますが、正常な動作です

こうして生成した3層レイヤーのモノクロ画像は、レイヤーパレットで見ると、各レイヤーに「L」「A」「B」と名前が付けられています。(下図)

(レイヤーバレットが表示されていない場合は、「ウィンドウ」→「ドッキング可能なダイアログ」→「レイヤー」を選択して表示できます。)

グレースケールの3層レイヤーに変換された、新たな画像が表示されます。(クリックで拡大表示します)
グレースケールの3層レイヤーに変換された、新たな画像が表示されます。(クリックで拡大表示します)

Labカラーレイヤーにして、カラースワップを行います

これからが、カラースワップの本番です。3層のレイヤーのうち、「A」と「B」のレイヤーの階調をそれぞれ反転します。

例として、まず「A」のレイヤーをパレットから選択して、「色」→「階調の反転」を実行します。(下図)実行しても、見た目には変化がありませんが、そのまま作業を続行します。

GIMPによる赤外線写真カラースワップ
「A」レイヤーの階調を反転させます。(クリックで拡大表示します)

次に、パレットから「B」を選択して、同じく「階調の反転」を行います(下図)。この時点でも、画像の見た目に変化はありません。最上の「L」レイヤーの見た目がそのままだからです。

「B」レイヤーを反転させます。(クリックして拡大表示)
「B」レイヤーを反転させます。(クリックして拡大表示)

最後に、Labの各チャンネルを合成して、カラー画像に戻します

これまでの作業で「A」と「B」の階調反転を行った後、色メニューにある「色要素」→「チャンネル合成」を選択します(下図)。

「色」→「チャンネル合成」

合成チャンネルのダイアログウィンドウで、「色モデル」に「LAB」をセットし、「OK」をクリックします。(下図)

色モデルの下にあるリストは、3層のレイヤーをLabのそれぞれどれに適用するかを設定する箇所ですが、このブログ記事の通りに操作していれば、上から順にLabと自動的にセットされているはずですので、操作する必要は無いと思います。

チャンネル合成でカラー画像に復帰させます。
チャンネル合成の設定をセットします。(クリックで拡大)

これで完成!

これで、モノクロのレイヤー画像がカラー画像に復帰し、Labカラースワップした画像が新たなウィンドウに表示されます。空が青色になっているのがご覧頂けます(下図)。

GIMPでのLabカラースワップの結果
(クリックで拡大)

以上が GIMP 2.8 におけるLabカラースワップの手順です。

ChromeでCSS・borderによる線が印刷できない

Googleが配布するWebブラウザ「Chrome」で、CSSで指定した罫線が印刷できない場合があり、おそらくバグと思われます。WIndows / OS X(macOS)双方のバージョン 54.0.2840.98 以前のChromeで発現し、他のブラウザ(EDGE、safari、FireFox)では見られない現象です。(2016年11月現在)

boeder-style: solid 以外の場合に発現する

具体的には、印刷時のみCSSを適用するメディアクエリー @media print 内で指定した border-style や border による 線種の値が、solid 以外(dotted、dashed 等)の場合、プリンタで印刷しても印刷されず、印刷前のプレビューにも表示されません。

例えば、以下のような例です。

このようなコードで印刷用罫線をsfari、FireFox、EDGEで描画した場合、実際の例としては下のように印刷されます。

safari_border

ところが、同じページをChromeで印刷すると、下のようになり、罫線がいくつか消えてしまいます。1本だけの場合もあれば、複数本が消える場合があります。また、この現象はChromeを再起動しても完全には改善されません。

chrome_border

この現象が発現しているとき、chromeの印刷画面で用紙方向レイアウトを「横」にすると、消えてた線が表示されたり、別の罫線が消失することがあるのも特長です。(下図)

safari_border02

解決法は、線の種類を「solid」に指定すること

2016年11月現在、この現象の完璧な回避法が見つかりません。

検証したところ、CSSにおいて、border-style: solid; することでこの現象をひとまず回避できるようです。破線や点線での描画ができないのは、情報の重み付けに不便ですが、2016年11月現在では、この方法しかないようですね。 

第二回文学フリマ福岡・ブース配置図

2016年 10月30日 に 都久志会館 で 開催される「文学フリマ福岡」での、ブース配置図のPDFを配布しています。A4サイズです。

fm_sc02

 

PDF形式ですので、ご自身のプリンターで出力したり、コンビニのPDFプリントで出力するなどして、自由にお使い下さい。

4つのおおまなかジャンル分けを、色で表しています。

下のリンクからダウンロードできます。

 

高音質なモノラルイヤホン・ヘッドセットを自作する

自転車や自動車を運転している際、ステレオイヤホンを両耳に入れているのは(音を鳴らさなくても)道交法違反として取締の対象にばる場合があります。※都道府県によって条件が変わります。

私は、自転車を運転する際に、ナビゲーションやPodcastを聞いたり、電話の着信に気付くように、ステレオイヤホンの片側だけを耳に入れて走行する事が多々あります。福岡県では、音を鳴らしながらでも、片耳であれば(加えて、周囲の状況を聞き取れる音量であれば)、走行中のイヤホン使用が認められているからです。

外した片耳のイヤホンは、クリップで襟に留めたりしているのですが、どうにもスマートに見えないことと、自転車を降りて少し静かな場所では盛大に音漏れすることから、片耳で使える有線のヘッドセット+マイク+ボリュームコントローラ付の製品を探していました。

ラスタバナナの製品は、音質が最悪だった

このような製品を見つけて、さっそく使ってみましたが、音質があまりにもひどく、ナビゲーションも、Podcastの音声も、そして電話の相手の声すらよく聞き取れません。他にも製品を探しましたが、諸元をチェックする限り、どれも音質は大差無さそうで、買う気になれませんでした。

ジャンク品のソニーのイヤホンを移植することにした

製品が無ければ作ってしまおう…ということで、音質に優れたイヤホン(ジャンク品)を探しました。マイク・ボリュームコントローラ・スマホ側のピンジャックは、先述のラスタバナナの安物を流用して、350円で入手したソニーのイヤホン「MDR-EX110AP」のジャンク品を移植する事にしました。

モノラル有線ヘッドセットを自作

ラスタバナナのイヤホンを切り落とし、同じく切り落としたソニーのイヤホンを接続するだけの簡単な作業ですが、細いケーブルのチューブを開くと、思ったよりも作業量が増えました。

ケーブルの極細のメタル線、1本1本には、絶縁皮膜がある

まず、ケーブルが大変細いので、結線したところをビニルテープで巻くと、見た目がスマートではありません。

また、剥き出しにしたイヤホンのケーブルをテスターでチェックすると、まったく導通がありません。──というのもアタリマエの話で、短絡しないように、寄り合わされた極細のメタル線1本ずつに、樹脂製の被膜が施されています(下図)。

イヤホンケーブルの構造図

この状態のまま線を繋いでハンダ付けしても、信号が通りませんので、樹脂製の芯材と、絶縁被膜を、ガスライターやコンロの火など、煤が出ない炎で炙って燃やし、とばしてしまいます。

最初は炎が燃え移ったように見えるので、何度か火を点けたり離したりしていると、そのうち樹脂の芯材と被膜が無くなり、銅線だけが熱で明るくなります。

このような状態にして結ぶと、音声信号が通るようになります。ただし、線を結線する位置は、ずらしておかないといけません。しないと隣り合う線が短絡してしまい、音声が正常に流れなくなります(下図)。

線を結ぶ際はずらしておきます

あとは、熱圧着チューブなどで、結び目を見えなくしたらスマートになります。チューブの太さ(径)は、2mmあたりがちょうど良いようです。

これで、高音質のモノラルイヤホン・ヘッドセット(音量コントローラ付)が完成しました。作業時間は1時間弱でしょうか。

これで、走行中にもiPhoneからのナビや着信に使えています。さすがソニー製のイヤホンは3000円程度でもApple純正よりもクリアな音に聞こえるようです。

IMG_5469

コミックマーケット90 における出席の取りやめについて

明日(8月14日)に、コミックマーケット90の3日目が執り行われますが、本サークルは、出席を断念せざるをえない状況になり、出展をとりやめにいたします。当日、『東4ホール メ-43b』のブースは開かれません。 コミックマー …

九州電遊博 7月31日

発笑探検隊は、2016年 7月 31日に開催される「九州電遊博」に、出展致します。 レトロな機械式計算機「クルタ計算機」の触って試せる実演展示、赤外線写真用に改造したデジタルカメラの実機展示、およびそれらの関連同人誌を、 …

eneloop乾電池で、iPhone6s をどのくらい充電できるのか

1週間に1回程度充電すれば良かった、初期のPHSと比較して、現在のスマホはたいへん電力食いです。 iPhone 6s も例外ではなく、便利に使っていたら1〜2日でバッテリーが尽きてしまい、充電の必要に迫られます。ところが …