Currently browsing category

Adobe, Page 2

illustratorCS6

Illsutrator CS6 で「カラーガイドパレット」が表示されない

Adobe Illusrtator CS6 (MacOS X 10.6) を起動する際「エラーが発生したため、カラーガイドパレットを表できませんでした」とダイアログボックスが表示され、画面にパレット枠などのゴミが表示される現象がおきることがあります。

この現象は、クリーンインストールした MacOS X SnowLeopard では再現しないため、原因を探っていました。
どうやら、システムフォント「Verdana.ttf」の有無によって引き起こされるようです。

フォントを移動させる図
Verdana フォントを手動で移動する

イラレ用にQRコードを書き出すソフト、その2

以前のエントリで、Illustrator用にQRコードを書き出すソフトをとりあげましたが、新たに170円のソフトが登場しました。これまでのソフトは2000円以上したのですが、QRコードに用途を絞っているため、とても安価です。

QREncoder ProiTunes

QREncoder Pro

このソフトは、以前は日本語などの2バイト言語を正常に書き出せないバグがありましたが、作者に要望を送ると、実に迅速にバグフィックスしてくれました。

JANコードやPostコード、ISBNコードは書き出せませんが、QRコードだけなら、充分に使えます。EPS形式で書き出し、Illustratorでもパスとして編集可能でした。

※ただし、ソフトはRGBで処理しているらしく、印刷用に使う場合は、手動でK100%に塗りを変更する必要があります。

いろいろコメントするのが(以下略

対処法は、すべてのオブジェクトをコピーして、新規書類にペーストしてから保存する方法があります。どうも古いフォントが悪さしているようです。

Photoshop CS3 以降で、Kodak PhotoCDのデータを開く

インストールパッケージの「コンテンツ」ディスクより

 

PhotoCD をインストールするには:

PhotoCD プラグインを使用するには、後述のカラープロファイルをご使用のシステムにインストールする必要があります。また、Rosetta 環境下で Photoshop を実行していない場合、PhotoCD は Intel ベースの Macintosh では動作しないことにもご注意ください。

 …とのコトで、手持ちのKodak PhotoCD のデータを開くのに、えらい手間がかかるようになった。
この際、データをすべて高解像度JPEGに変換してしまうコトにする。