Currently browsing category

Mac, Page 2

FlamePainterマニュアル

FlamePainter 2 の日本語マニュアル、配布を開始しました

Windows / MacOS X に対応したグラフィックアプリケーション「Flame Painter 2」の日本語マニュアルが、公開となりました。スペイン語・中国語・ドイツ語も同時に公開されています。

FlamePainter 公式サイト マニュアルダウンロードページ

MacAppStore などから購入した際、HELPに入っているのは英語マニュアルだけですが、公式サイトから日本語版をダウンロードできます(アプリケーションのUIは英語ですが、複雑なソフトではないので、マニュアルだけ日本語でも容易に習得できます)。

Acrobat002

私が Microsoft WORD を持ち合わせていないので、私がPages で執筆してWORD形式に書きだし、公式の海外メンバーの手によりPDF化されています。その為か、文字の禁則処理などに一部おかしい所がありますが、まぁ目をつむってあげて下さい。

FlamePainter とは?

FlamePainter は、独自のブラシ形式を持ち、炎のような模様を描く事ができます。

FlamePainter2
FlamePainter の編集画面(クリックで拡大)

Photoshop とタブレットを使っても、このような模様を描くのは、案外難しいものです。このソフト単体というよりは、他のソフトと複合的に使うのが良いかもしれません。(レイヤー機能により、実用性も充分です)

実際に、このソフトを使って、iPhone の待ち受け画面と壁紙を作成してみました。

FP-sample

 

実際に、Fireworks と組み合わせて、Web用のパーツ作成にも活用しています。

FlamePainter sample
背景の模様作成に「Flame Painter」を使いました。

MacOS X 版はMacAppStoreから購入可能です。スタンダード版 と Pro版に分かれています。

公式ページでは、無料のデモ版をダウンロード可能です。

 Pro版は商用可能なライセンスで、筆跡をベクター形式にしラインを後から調整できたり、レイヤーの作成数に制限がないなどの違いです。

機能でわからない点があれば、私も日本語で(わかる範囲で)お応えすることもできますので、よかったら試して見て下さい。

Personal Backup X6 で、エラーが毎回出て困る+解決法

長年、intego のバックアップソフト「Personal Backup」を使っています。先日、MacOS X 10.8 MountainLion を導入したのをきっかけに、act2 のサイトから新たに「Personal Backup X6」にバージョンアップしました。

クローンバックアップのたびに、エラーがでる

バージョンアップしてから使い始めると、バックアップの度に、ソフトがエラーログを吐き出すようになりました。 わたしは12時間置きに外付けHDDにクローンバックアップをするようスケジューリングしていますが、毎回でてきます。

Personal Backup001

この1エラーの内容を調べると、「ユーザーズガイドと情報」フォルダと書類の種別を誤ったまま置き換えようとし、失敗しているようです。

この「ユーザーズガイドと情報」は、コピー元ではフォルダです。しかし、MacOS のせいかアプリのせいかわかりませんが、コピー先ではファイルとして認識しているので、「属性をコピーできない」となるのです。

Personal Backup (パーソナルバックアップ X6 で 「属性をコピーできません」

この「ユーザーズガイドと情報」を例外条件に指定し、バックアップ対象から外しても、毎回でてきます(下図)。

Personal-Backup-error1

Personal-Backup-error2わたしは、1時間おきの TimeMachine バックアップの他に、Personal Backup によるクローン作成を 12時間 おきに実行しています。クローン作成の度にエラーを表示されるので、少々面倒になっています。

対処方は「アクセス権の修復」

act2のサポートに問い合わせたところ、「ディスクユーティリティで、でアクセス権の修復を行っては」どうか、というたいへん超基礎的なお返事を頂きました。

アクセス権の修復は、Personal Backup X6 が毎回してくれています。いまさらこんな対処方で…と思いながらやってみたところ、改善されてしまいました。

Personal Backup のバックアップ元のボリュームに対し、アクセス権の修復を行います。
Personal Backup のバックアップ元のボリュームに対し、アクセス権の修復を行います。

そういえば、Personal Backup X6 が行っているアクセス権の修復は「バックアップ」のボリュームに対してだけです。

Personal Backup001

バックアップにはしていなかったワケですから、たしかに今回のトラブルは、ディスクユーティリティ等を使わないといけなかったわけです。こんな事で直るなら、まず最初にやっておけば良かったものですね。

内蔵用DVDドライブの故障しやすい場所

この記事には、執筆した後に判明した、事実誤認の記述があります。ご注意下さい。

MacPro を使っていると、トレー式DVDドライブが故障しました。症状は、ディスク排出キーを押しても、トレーが出てこないというものです。日常的に使っていると、2〜3年くらいでこの症状が出ます。

中でモーターが廻っている音はするので、おそらく駆動伝達系のどこかが壊れているのでしょう。ちょっと分解して、中身を調べて見ることにします。

パイオニア製 DVR-116 の中身

これが、分解してトレーを外したDVDドライブ「DVR-116 (Pioneer製) 」です。

DVR-116 の内部構造

ディスクトレーを排出する機構は、

  1. モーターがトルクをプーリーに伝える
  2. ベルトで隣(左)のプーリーに回転を伝える
  3. 伝わった回転運動を、プーリーの背面にある歯車(写真では見えません)から順次左の歯車に次々と伝えていく
  4. 最も左にある歯車が、トレーを前後に動かす

そして、トレーが動くと同時に、トレーの位置を検出するパーツが歯車で左右に動き、「もうトレーは端っこまで出した」とか「もう完全に引き込んだからモーターを止めろよ」という指示を、スイッチのようなセンサで検出しています。

このパーツが、どうも摩耗しやすいようです。

この記述で述べている「摩耗」については、その後複数の方からご指摘頂き、当方でパイオニア製のドライブをいくつか入手して分解しましたところ、最初からこのような形状で製造されていることが判明しました。

トレー検出用のパーツが摩耗しています

写真の通り、スイッチセンサを動かすパーツの端の歯(山)が摩耗しています。*これでは歯車が空回りしてしまい、トレーが動き始めたことを検出することができません。

すると、ドライブの制御系は「トレーが動いていないだと? もしかしてどこか引っかかっているのか」と勘違いして、モーターを止めてしまいます。この症状は、Macに最初から付いていた DVR-112D でもおきます。DVR  シリーズの弱点なのでしょうか。

摩耗が原因でないのであれば、トレイが出てこない理由は、

  • グリスが硬くなってモーターのトルクが不足する、
  • プーリーのベルトが劣化してうまく力を伝えていない

…などの原因が考えられます

MacPro のフロントカバーの不良ではなく

MacPro は、光学ドライブの前にある、アルミ製のフロントカバーが開かなくなる、というトラブルをよく聞きます。実際に修理を依頼されたことがあるのですが、原因はカバーではなく、この内蔵ドライブのトレーに起因している場合も多いのではないしょうか。

* こんぶ様よりお知らせ頂きました。
これは摩耗ではなく、最初からこの状態のようです。ここに修正して、ご報告へのお礼とさせていただきます。

ミャンマー語Webサイト作成で文字の表示に大いに悩む

2月頃から、東京にある日本語学校、TIJ 東京日本語研修所 のWebサイト作成に関わっています。

外国人のためのの日本語学校 TIJ 東京日本語研修所

実際にアクセスして頂けましたら、日本語・英語・中国語だけでなく、ベトナム語やタイ語といった東南アジア圏の向けのページや、フランス語やスペイン語など、アフリカ・南米向けのページもあります。

このサイトは最初に日本語と英語サイトを作成し、その後に中国語や韓国語などを作っています。もう半年くらい関わっており、ようやくゴールが見えてきました。

Unicode 準拠の文字データとフォント

これまで、他の言語ページ作成は、Unicode に準拠した文字フォントで入力されたWORDデータから、文字列を抜き出していました。

MacOS X には、タイ語のフォント「Thonburi」がインストールされており、フォントウェイトも Regular / Bold と2種あります。

ベトナム語のラテン文字やロシア語のキリル文字などは、どれも全て「Myriad pro」フォントの各ウェイトに格納されており、字体もUnicodeに準拠しています。基本的には、送られてきた文字列をコピペすることで、Webへの流し込みも、Fireworks での画像作成もできていました。

ミャンマー語のデータがUnicode準拠ではない

最後まで作り残していたミャンマー語に取りかかっているのですが、ここで文字コードに起因する厄介な問題にぶちあたりました。以下はミャンマー語に関するレポートで「ミャンマー語によるコンピュータ環境構築の提案」からの引用です。

Myanmar Post & Telecommunications が UnicodeTeamを作って政府としてMicrosoftやAppleと共同開発をした。 2011年10月17日〜19日の Internationalization & Unicode Conference で最終の決定としてMicrosoft社とApple社とでミャンマー語のUnicodeが出来た。

──渡辺恭人(千葉商科大学)
「ミャンマー語によるコンピュータ環境構築の提案」
※PDF

ミャンマー語のUnicodeが、Myanmar Post & Telecommunications(ミャンマー郵便電気通信局)とOSメーカーによって策定されたのは、2011年とわりと最近の話だったのです。

実は、この仕事をこなすために、ミャンマー語に対応していなかった MacOS X のバージョン 10.6 SnowLeopard を、対応している 10.8 MountainLion にアップグレードしたのですが、このとき、私は「OS実装が遅れるのは、よくある事だろう」と軽く考えていました。

MacOS X 10.8 には、3種類のミャンマー語フォントがインストールされています
MacOS X 10.8 には、3種類のミャンマー語フォント「Myanmar MN」などインストールされています(クリックすると拡大表示)

 

しかし、問題はもう少し根深いものでした。翻訳者から送られてきたPDFはきちんと表示されるのですが、Wordデータはきちんと表示できません。PDFを解析したところ、Zawgyi-One というフォントが使用されています(下図)。

Zawgyi-One というフォントが埋め込まれている

このフォントについては、先ほどのレポートにも引用がありました。

mmfont2

図3−3:のようにフォントの種類の中でZawgyiフォントが圧倒的に多かったことが分かった。そこで問題としてはZawgyiフォントはUnicodeに従っていないフォントである。

──渡辺恭人(千葉商科大学)
「ミャンマー語によるコンピュータ環境構築の提案」
※PDF

また、エーヤーワディブログでも、文字コード問題について触れられています。

日本語ではゴシック体で書いた文字をフォントだけ明朝体に変えてもおかしくはならない。しかし、ビルマ語はフォント毎に規格が違うので一度そのフォントで文章を入力したら他のフォントに変えられないという、奇妙な状況になっていた。
──エーヤーワディ ブログ(2011年9月12日のエントリ)

※注:ミャンマーの国名は1989年まで「ビルマ」だったので、年配の方は「ビルマ」「ビルマ語」と呼ぶ事が多い(東内)

ミャンマーで一般的に使われているフォントはUnicodeではない

つまり、ミャンマー語のUnicode策定があまりにも遅く、日本の Shift-JIS のようなローカル規格もなかったので、すでにフォントそれぞれの独自な文字コードが普及してしまっている、ということらしいのです。

それならば、という事で、CSSのフォント指定で Zawgyi-One を指定し、Macに Zawgyi-One.ttf をインストールしてWebページ作成をしています。タブレット端末などがミャンマーでも普及してくれば、いつかWebの文字コードを Unicode 化させる必要に迫れるのでしょうが、今は最も普及している方式で進めることにしました。

ところが、またもや問題がみつかりました。

改行の位置でグリフが変わる

Fireworks CS6 を使い、 Zawgyi-One フォントで文字を組んでいたら、表示トラブルを見つけてしまいました。

ミャンマー語の文字列は、改行位置がかわるとグリフが変わってしまいます。
ミャンマー語の文字列は、改行位置がかわるとグリフが変わってしまいます。

これはどうにも解決方法がありません。グリフが変わってしまわないように改行位置を調整したり、トラブルがおきてないか PDF原稿 と見比べてチェックするしかないようです。

欧文は「リガチャ(合字)」、日本語にも「行頭禁則文字」など、グリフを変更したり文字の位置を調整する仕組みが、OSやアプリのテキストエンジンに備わっています。しかし、このトラブルは、そういった調整の域を超えています。

これはOSが持つUnicodeに準拠した文字処理と、Zawgyiフォントの文字コード体系が違うためなのではないか、と思います。

しばらく、ミャンマー語の作成については最新の注意が必要のようですね。

SDHC

無線LAN SDカード 「FlashAir 」

doujin.plus のヨシナガ君の勧めで、東芝製の無線LAN SDカード 「FlashAir 8GB」を買いました。デジカメで撮影したデータを、iPhone などの機器から Wi-Fi 経由で読み出せるようになるカー …

Mac/Win用 の赤外線写真風アプリ “NIR Color”

JixiPix Software の “NIR Color” というソフトウェアを見つけました。 NIRとは Near Infra Red =近赤外線の意味で、普通の写真を赤外線写真のように仕上げてくれるソフト、という話 …

illustratorCS6

Illustrator CS6 雑感 – パレットの大型化

Illustrator CS6 を使い始めて受けた印象に「パレットのサイズが大きくなった」というものがあります。「属性」パレットや「線」パレットは特に大型化されました。  「線」パレットは、CS4までは効果メニュー(アピ …