Currently browsing category

演劇, Page 2

饒舌な足裏(劇団 Hall Brothers/福岡県)

[評価:★★★★](※当日2000円)

これまで Hall Bro’s. の脚本は、格差や労働・犯罪といった 社会の縮図 を、小さな閉鎖集団(村とか工場とかね)に当てはめた時事ネタを基にしていた。
今公演は、そういったマクロ的視点を取り払い、もっとミクロ──個人の感情・関係──な視点から、「職場における人間関係」を描いている。

ようやく身の丈に合った視点を意識し、脚本家が解る範囲でのドラマを描き、「社会の闇を浮き彫りにしよう」といった傲慢な立場を捨て去った。
観客と脚本家の視点に合わせたドラマを、エンタティメントとして上演するように、方向性を変えたのだろうか。
意識して変えたのであれば、大いに評価したい。「あ、あーゆー人いるよね」的ドラマは、きちんと成立している。

問題は、従前より感じている「取材能力や社会経験のなさ」が、モロに浮き彫りになる要素が、未だに改善されない事である。

郊外型経済の発達により、人通りが少なくなった商店街に開店した足ツボマッサージ店が舞台になっている。
この舞台において、「入店時期と実力の乖離」「店舗経営を維持する経済問題」の2つが大きな『問題』として描かれるが、後者において、あまりにも取材不足の点が否めない。

…いやさ、フツー商店街だったら「商店街組合」とかあるでしょ? そこと掛け合ってビルのオーナーを説得したりしないの?
ていうかこの鄙(ひな)びた商店街で、テナントに出て行かれて一番困るのはビルのオーナーじゃないの?(代わりに入るテナントのアテなんぞ風俗か百均くらいしかないでしょ→森オーナー)

経営資金に窮したら、お店の「怪しげな常連の出所不明なカネ」よりも商工会議所とかに相談するでしょ?

こういう話を描くのならば、鄙びた商店街で細々とやってる店に行って、経営の苦労やノウハウとか取材しなかったのかな。
…それ1つやるだけで、物語のバックボーンって相当の厚みを持ったはずだと思うのだが。
なんかいつも残念だよ、ここのお芝居。

※評価は、作り込まれた舞台美術に敬意を表し+★を加点している。

YOUTHFUL DAYS YOUTHFUL DEAD(あなピグモ捕獲団)

あなピグモ捕獲団 公演チラシ[評価:★]当日2300円

チラシがカッコイイよなぁ。期待満々で観に行っちゃうくらいに。

…しかし、非常に不愉快な芝居であった。
てゆーかおまえら、トルコやアフガニスタンで公演する時にコーランに小便かけるシーンをやる勇気あるか? この芝居はそういう事を別の宗教に対してやったものと受け止めたぞ。
たとえ劇中で「何かを信じると周りが敵になる、自分を信じると他人全てが敵になる」などとゲージツぽい言い訳しようと、だ。

あなピグモ捕獲団の劇団員は、この公演終わったらとりあえず実家に戻って先祖の位牌を足蹴にして、仏壇の奥にある釈迦像を美少女フィギアに置き換えて先述のセリフを連呼する事。

いや俺だって別に敬遠な信者ってわけじゃないし祈らないし初詣に行くし交通安全のお守り買うし寺の墓場で線香を焚いたりするよ。
占い師(←マジ困ってますこれ)や怪しげな新興宗教とかスピリなんとかを内心では小馬鹿にしてるし。でも「表現の自由」のお題目唱えて、宗教の象徴を足蹴にするような真似はしないね。
この劇団はそれをやった。そういうつもりじゃなかったもしれないけど、宗教ネタは慎重にやろうな。

劇場撮影は、一眼レフ禁止ということではいかがか

佐賀で観劇してた時から、一眼レフカメラのリフレクタ音が気になってしょうがなかった。 
いわゆる「パシャ」音である。 

ムカっとくる。 

舞台の上で、登場人物がうつむき、互いの恥を共有している静かな、しかし起承転結の「承から転へ」転じる重要な一幕で 

「パシャ」 

…実は、当時の「金曜ショー劇場」の主催者側から撮影許可を頂いた時、はじめて持ち込んだ一眼レフカメラのリフレクタ音が気になった。2~3回撮影した時点で「あ、これはノイズだ」と判断して運用を中止、あわててカメラ屋でコンデジを購入した。 

非売れ線系ビーナスのチラシ

非売れ線系ビーナス:チラシの抜粋以前、SNSの中で「恋するマリールー(非売れ線系ビーナス)を観ようとしたが、博多駅→博多南駅への移動時間を計算していなかったので、観にいけなかった」と書いていた事がある。

ところが、次回公演「ジョバンニの殺意」のチラシに開演に間に合う電車の時刻表が掲載されているのに気付いて、ちょっと驚いた。あわてて「恋するマリールー」のチラシも調べたら、こっちも同じ事が書いてある。しかもギリギリ間に合う電車と、開演前にお茶できる電車の2本が併記されている! …エライ、感動したわ。大したホスピタリティだ。これで移動時間を計算していなかったオレが、いかにアホでマヌケな抜作なのか痛感したわ。次は絶対に観に行くぞ。

訃報:マヤ北島さんの永逝を確認

福岡の演劇をレポート&批評していたフリーペーパー「漂流画報」の発行者であり、2007年12月まで毎日新聞紙上で劇評を掲載していた、マヤ北島さん(本名:北島直樹さん)の永逝を確認した。 あるBlogを発端とする問い合わせを …

すべての犬は天国へいく(イムズパフォーミングアーツ/福岡県)(当日3000円) [評価:★★★] → 2008年8月26日

劇団Pa!Zoo! 「3、2、1、ぴしゃ!!」公演チラシ

3,2,1,ぴしゃっ!!(劇団PA!ZOO!/福岡県)

(当日1500円)[評価:★★★★★] FM放送局の看板パーソナリティである秋吉フローレンス真智子は、結婚を控えた彼氏のマザコンさに不安を隠しきれない日々。とうとうディレクターの一言に傷ついてしまい、番組への登板を拒否し …

表と裏と、その向こう (イキウメ)

イキウメが福岡で上演した「表と裏と、その向こう」へのレビューです。評価は4(5点満点)。演出は淡々としたものだが、時間の売人が自身を「神」に重ね合わせながらも結局は最底辺の住人である状況など、この芝居の魅力は観客の想像力をかきたてる脚本の妙に凝縮されている。

アジト(劇団謎のモダン館/福岡県)

(6公演共通チケット4000円)[評価:★★] う~ん…「アフレコチックなハードボイルドコメディ」と名乗っている芝居だけど、これは「コメディ」ではなく「ギャグ」だと思う。芝居は2時間の長丁場なのだが、普通の芝居なら40分 …

空想上洋品店(劇団ぎゃ。/福岡県)

(当日1500円)[評価:★] まず練習不足も甚だしい。 小ネタとおふさげで構成され、描こうとした主題に真摯に向き合っていない…そもそも、何を描こうとしたのか自身でわかっているのだろうか。そのおふざけですら「友人に向けた …