Currently browsing category

よもやま話, Page 2

ATOK for iOS 1.0.1で、入力できなくなった場合の解決法

iOS8用のATOKがリリースされて、しばらく経ちました。筆者はiOSマシンに入れて利用しており、標準のIMEよりも変換効率が良いこともあってすっかり愛用しています

ところが、使用中に、ひとつバグ?とその対処方を見つけました。

iOS 8.0.2、ATOK for iOS 1.0.1 の組み合わせです。

iOS用ATOKから、ごく希に文字を入力できなくなる

使っているとわかりますが、ATOKのキーボードがときたま反応しなくなります。具体的には、フリックの動作は表示されますが、その文字が入力されない…というトラブルです

 

解決法は「フルキーボードへのアクセス」を切り替える

iOS ATOK の不具合

まず、設定アイコンをタップして開きます。

atok03

 「一般」から「キーボード」を選択します。

iOS8 ATOKトラブル

上の図の画面で、「フルアクセスの許可」をいったんオフにして、すぐのオンにする操作を行います。

これでホーム画面に戻れば、キーボードの入力ができるようになっているはずです。

SONY サイバーショットDSC-W530の分解と改造に失敗する

昨年末(2013年末)のコミケで、一般参加者の方から「さっき、そこで落として壊れたので、分解用にこのカメラをあげます」という、たいへん嬉しい申し出がありました。舞い上がってしまってお名前を聞きそびれてしまいましたが、ここでお礼申し上げます。

scs-01

さて、そのカメラはSONY製の「DSC-W530」という機種なのですが、さっそく分解と赤外線写真用への改造を試みて…見事に失敗しました。今回は、失敗に至るまでの話です。

DSC-W530の分解手順

まず、左右側面と底面のネジ合計6本をすべて外します。このネジはどれも同じ種類・長さなので、まとめて取り扱ってかまいません。

scs-02次に、プラスチック製の背面カバーを外します。若干、ツメがひっかかる感触はありますが、カパっと外れます。

カバーを外したら、インタフェース基板と液晶モニタが乗っている台座を、ゆっくりと外します。この台座から、2本のフレキケーブルがメイン基板に繋がっています。細いフレキケーブルはそのまま引き抜き、幅広のケーブルはコネクタの押さえツメを跳ね上げてから引き抜きます(下写真)。

scs-03

台座を取り外すと、撮影素子(CCDまたはCMOS)の基板が見えます。基板からのフレキケーブルは、黒いテープで隠されたコネクタに繋がっています。このテープはなくても構わないので、剥がしてしまって大丈夫です。おそらく、緩み防止の為に貼られているのでしょう。

CCD基板を外すと、ローパスフィルタが見えて来ますネジ×2本を抜いてCCD基板を取り外すと、プラスチックのマウンタの中にCCDとローパスフィルタがあるのが見て取れます(上写真)。赤色に見えるのが、ガラス製のローパスフィルタです。

ローパスフィルタを外そうしたら、CCD自体がもげてしまった!

赤外線写真用に改造するためには、このローパスフィルタを外す必要がありますが、これがなかなか外れません。そのうち、プラスチックのマウンタとCCDごと、もげてしまいました(下写真)。

DSC-W530のCCD基板からもげてしまった、CCDとフィルタ・プラマウンター

CCDが、ハンダ付けされた基板からもげてしまっています。こうなっては戻しようがありませんので、今回の改造は失敗でした。

接着剤で固定されていた、ローパスフィルタとCCD

どうしてこうなってしまったのか…。分解すると、サイバーショットDSC-W530のCCD基板全体は、下図のような構造になっていました。

dsc-w530のccd基板構造

このうち、CCD素子はハンダ付けで基板に取り付けられています。プラスチックマウンタとローパスフィルタの境目を縫い針で擦ってみたら、ガラスの感触だけではなく、樹脂(接着剤)の感触が伝わってきました。

どうやら、プラスチックマウンタとローパスフィルターは、接着剤でCCD素子に取り付けられていたのです。これでは外しようがありません。 

結論として、SONY サイバーショット DSC-W530 は、赤外線写真用に改造するのは、ちょっと不可能だと思いました。

 

マルハニチロの「やさしい素材」が、冷凍技術の最先端すぎる

kaigo4仕事のひとつとして、某所で介護向け冷凍食品の販促に、少しかかわっています。主にマルハニチロ食品が売り出している、「やさしい素材」シリーズの冷凍食品の販促なのですが、関わっていると食べたくなってくるものです。販促ツールをデザインする以上、やはり実際に食べてみないと、商品の魅力はよくわかりません。

というわけで、メーカーさんから関係者向けの試食用として、いくつか材料をいただいて実際に調理してみることにしました。

介護向け食材の調理結果はこれ

さて、マルハニチロ食品が出している素材のうち、今回は

の3種類を調理しました。なお、彩りや栄養バランスを考えて、普通の野菜を2点(すじなしインゲン・ぶなしめじ)を追加しています。

マルハニチロ食品「やさしい素材」の調理例
オレンジの文字が、介護向け冷凍食材「やさしい素材」シリーズを使ったものです。(クリックで拡大表示)

調理時間は全行程で27分でしたが、慣れると15分におさまると思います。調理に要したのは、コンロ×2口、手鍋と小さなフライパンが各1です。洗い物も最小限で済みますね。

冷食技術の思わぬ進化に驚く

驚いたのは、サバの切り身「new素材deソフト」です。従来の介護向け食材は、すり身をゲル状にかためたものが多く有りました。しかし、このサバは、しっかりと「切り身の形」をしています。どこからどう見ても、普通のサバの切り身です。

マルハニチロ食品 new素材deソフト は、普通の魚の切り身と同じ形です
マルハニチロ食品 new素材deソフト は、普通の魚の切り身と同じ形です

切り身と同じ…というより、切り身そのものです。実際に箸で食べてみようとしても、すり身では無く、魚の素材がそのままの形を保っていることが見て分かります。

箸でつまんでも、魚の形そのままです。
箸でつまんでも、魚の形そのままです。

実際に食べてみると、歯で噛まずとも、歯茎や舌の圧力で簡単に潰れます。本当に「介護向けの触感」です。これなら、要介護老人や怪我人であっても、アゴを強く動かす事無く、食事が可能でしょう。

「介護向け食材は、ドロドロしたすり身のカタマリばかり」というこれまでの常識が、軽く吹き飛んでしまいました。

減圧法+酵素浸透による、冷凍技術のブレイクスルー

この素材は、ここ1年くらいで実用化された冷凍技術「減圧法」によるものです。食材(この場合はサバ)をチャンバーに入れ、気圧を下げる(減圧する)と、食品にふくまれる水分が蒸発してしまいます。そこに、細胞を繋ぐ細胞壁などを溶解させる、ある種の酵素を水の代わりに浸透させています(下図)。

チャンバー内を減圧して細胞内の水分を蒸発させる。 ある種の酵素を、水と一緒に浸透させる。 細胞壁などを壊し、形を保ったまま柔らかくする。

酵素が、細胞と細胞を繋ぐ組織を溶かし、素材の感触が柔らかくなる、というものです。

これにより、素材の形を保ったまま、介護用の柔らかさを実現することができるようになりました。

実際、上にある写真を見ていただければわかるとおり「ゴボウ」は数分間火を通しただけで、すこし形が崩れています。しかし、サバは10分以上も火を通しましたが、まったく型崩れしていません。

*ゴボウは煮るのではなく、解凍してから味付け用の汁をかけるだけで、よかったようです。

日本の冷凍技術が新次元すぎる

これは、日本初の技術として、なかなかの優れものだと思います。

歳をとったらスプーンで半練り食品ばかり、というのは、老人にとって要介護になりたくないという動機のひとつでしょう。しかし、食べ慣れた「箸による、普通の食事」がこの冷凍技術で普及するならば、少しは雰囲気も変わってくるのはないでしょうか。

ミャンマー語のWeb作成で、ミャンマー文字の特徴を知る

NARTSがここ半年近くかかって取り組んでいる、TIJ東京日本語研修所のサイト構築に参加させて頂いており、ミャンマー語ページの作成が大詰めを迎えています。

ミャンマー語の改行処理で意味が通じなくなったらしい

OS はミャンマー語を Unicode で処理しようとしますが、現在ミャンマーで普及している Zawgiy-One フォント独自の文字コードの違いで、(予想はしていましたが)ある間違いを指摘されました。

ZAWGIY-ONE
ミャンマー語は、改行位置を間違えると、意味が変わってしまいます。(クリックで拡大)

ミャンマー語は တ と ာ の2文字を続けて入力することでတာ という一文字に変化します。ここまではわかっていましたが、新たに指摘されて判明したのが「単語も1文字として扱う事がある」というミャンマー語の特徴でした。

日本語で言うなら、「池」と表現したつもりが「雨申池」と変化してしまった、に似ているのでしょうか。
ミャンマー語の複雑な事情に、もう少しかかりっきりになりそうです…。そろそろミャンマー文字の数字くらいは、キーボードビューア を見ずも検討がついてくるようになりました…。

 

内閣府の調査から見えてくる、オタクの男女差

平成23年(2011年)、20代・30代の男女 10,000人(男性5,484人+女性4,516人) を対象に、日本の内閣府が「結婚・家族形成に関する調査」というものを行いました。題名の通り、どれぐらいの人が結婚をしたが …

快楽亭ブラック毒演会 を開催します

福岡市・唐人町の「甘棠館」に、東京から快楽亭ブラックをお招きしての、毒演会を開催します。主催は HIROBA プロジェクト 、薙野信喜さんです。 日時:9月16日(祝日・月曜日)/午後2時開演(開場は30分前) 場所:甘 …

内蔵用DVDドライブの故障しやすい場所

この記事には、執筆した後に判明した、事実誤認の記述があります。ご注意下さい。 MacPro を使っていると、トレー式DVDドライブが故障しました。症状は、ディスク排出キーを押しても、トレーが出てこないというものです。日常 …

STUDIO FB メガネ

STUDIO FB の木目調メガネ

先日、松葉屋さんで木目調のメガネを見たという投稿をしました。メガネを見せて貰ったとき、ブランド名を訊くのを忘れていましたが、先日尋ねる事ができました。 STUDIO FB …カジュアルラインとは 木とアセテート樹脂の混合 …

長浜ラーメン、値段の不思議

先述したとおり、この固定店舗のラーメン店では、1杯 400円 でラーメンを提供していました。しかし、付近にある固定費がもっと安いはずの屋台店舗では、550〜700円くらいで出しており、なんとも不思議に感じていたものです。
ところが、去年(2012年)の4月から、

SDHC

無線LAN SDカード 「FlashAir 」

doujin.plus のヨシナガ君の勧めで、東芝製の無線LAN SDカード 「FlashAir 8GB」を買いました。デジカメで撮影したデータを、iPhone などの機器から Wi-Fi 経由で読み出せるようになるカー …

新旧の携帯電話のカメラで、TVリモコンを撮り比べてみる

携帯電話についているカメラで、TVリモコンの信号送出部をみると、普段は見えない赤外線がカメラに写る、というのは、誰しも一回は試したことがあると思います。 携帯電話に組み込むデジタルカメラは、とくに以前の機種は小型化の為か …