赤外線写真と、普通の写真を比較

さてこれまでのエントリで、ローパスフィルタを外して、かわりにSCフィルタ/IRフィルタをいれて改造する話をしてきました。SCフィルタ・IRフィルタはともに、ある数値よりも短い波長を遮断します。

例えば、富士フイルムの「SC70」は700nm以下の波長を遮断します。人間が感知できる“可視光”とは、約380〜780nmの波長なので、その大半を遮断しています。

赤外線写真からは、虹が消える!

その効果は、下の写真をみてもらえれば一目瞭然です。これは福岡市中央区の博多港で撮影した写真です。この日は台風が過ぎた直後で、東の方に虹が出ていました。

虹が出ている空は、赤外線写真との比較にもってこいの素材です。さっそく、通常のカメラと赤外線カメラで撮影して、撮り比べてみましょう。

普通の写真と赤外線写真の比較:通常の写真では虹が見えますが、赤外線写真では虹が見えません

可視光で撮影した写真には、虹が映り込んでいます。ところが、まったく同じ光景を赤外線カメラで撮影すると、虹が消えてしまいます。

虹は、人間に見えるスペクトラムそのもの

さきほどの比較写真は700nm以上の光を撮影したので、厳密には可視光も少し写っています。しかし大半の可視光、つまり虹の色の大部分がカットされてるわけですから、見えなくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。