8月中に撮った赤外線写真

写真をクリックすると、大きく表示できます。

赤みが強い写真は、SC60をつけ、600nmより長い波長を撮影したものです。可視光をかなり取り込んでいるので、偽色がはっきりと写ります。SC70を使用したものは偽色が控えめなのですが、こちらは建築物の硬質的な雰囲気や、空と樹木の抑制された彩度が独特の雰囲気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。