赤外線写真
(InfraRed Photography)

ある日を境に戦争というフラグが立つのではなく、霧が音もなく密度を増すように、時代が不穏の粒子で満ちていく。そうした有様を、デジタル赤外線撮影という装置で描いている

澤村徹「BLACK MORNING

そこに存在しているけれど、私たちの目には見えていない風景──

私たちが見ている可視光の風景、すなわち何気ない日常と地続きで存在している。それが赤外線の世界。
まるで核戦争の後に退廃したような、しかし何かの緊張感を併せ持つ、不思議な風景が写し出す。

赤外線写真 InfraRed Photo
アクロス福岡(天神)/700nm以上の波長で撮影

予算5千円と2時間の工作で始めよう

COOLPIX S600 を赤外線カメラに改造する
材料費3100円、2時間の改造

予算5000円以下で赤外線の面白さを手にしよう。フィルム時代の終焉とともに衰退した写真芸術の世界を、デジタルの世界で再び。福岡で。

ビックカメラ天神で変える990円のフィルタシート。カメラのキタムラで中古コーナーやワゴンセールで売られている、3000円前後の格安のデジタルカメラ。ヤフオク!で出品されているジャンク品同然のデジタルカメラ。模型店やハンズで売っている工作用の透明プラスチック板600円。メガネ屋で貰えるレンズ磨き用の布。
あとは、普通のドライバーとカッターナイフがあれば充分。

100均のラジオペンチがあれば万全。

赤外線写真で見る大濠公園

赤外線写真の諸知識と、デジタルカメラの改造については、続きをブログで。

【赤外線写真】カテゴリを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。