COMIC CITY 32 の写真創作プチオンリーに寄稿します

わたしたち発笑探検隊は、ヤフオク! ドームで6月9日に開催される同人誌即売会 COMIC CITY 32 において、サークル出展を行います。

発笑探検隊のブースは アリーナ H41b です。

赤外線写真,Infrared Photography,大濠公園

写真創作プチオンリーにも出展

同時に、このイベント内でのプチオンリー企画「撮って創るよ!」に1ページ寄稿します。改造デジカメによる、赤外線写真を紹介しています。以前お話しを聞かせてもらったときに、作っておいた原稿を、さきほど送りました。
A5版の1ページで多くの内容を載せられないので、あくまで赤外線写真に取り組んでいる話と、撮影した写真を載せています。あとはQRコードからこのブログに来て色々見て下さい、というスタンスで記事を書きました。

このプチオンリーは アリーナ I9b で開催されています。
ピンキー撮影
Camedia C-2040 で撮影

私が寄稿した掲載写真は、ブログを見ている方なら目にしていることでしょうが、この合同誌には、可愛らしいフィギュアのロケ撮影なども収録されるようです。これも楽しくて創意工夫あふれるものなので、どうぞヤフオク! ドームで手に取ってみて頂ければ嬉しく思います。

一眼レフは今年から

レンズ交換式カメラを購入したのは、実は今年になってからです。それまではずっとコンパクトな機種を使っていました。というのも、カメラ1機種に4万円以上を使うことはしたくないからです。カメラ(ハードウェア)にかけるお金をかけるよりも、できるだけカメラを持ち歩いて色々な場面で撮影することが大切で、その為の足代や撮影機会(ソフトウェア)に投資したい、というのが本音だからです。

気軽のカタチは、人それぞれ

このブログでは「予算5千円で赤外線写真を始めよう」という導入エントリを投稿しました。これは気軽に楽しむにはまず低予算で始められ、工夫をすることで低予算を補うのが楽しいと感じたからです。

ただし、必ずしも低予算→気軽だということではありません。カメラの改造には危険も伴います。日本やアメリカにある赤外線カメラ改造の業者に依頼したり、最近はヤフオクでも売られている6,000円くらいの改造済カメラを購入することも、「気軽」な始め方です。

プチオンリーの合同本「撮って創るよ!!」には、それぞれの「気軽な写真」から「ガチに凝った写真」までいろいろ掲載されることでしょう。

Pinky:st.

繰り返しますが、ぜひ、6月9日にヤフオク! ドームに行かれるかたはこのプチオンリーもにも寄ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。