Illustrator CS6 雑感 – パレットの大型化

Illustrator CS6 を使い始めて受けた印象に「パレットのサイズが大きくなった」というものがあります。「属性」パレットや「線」パレットは特に大型化されました。 

Illustrator の線パレット比較
左がCS3、右がCS6の線パレット

「線」パレットは、CS4までは効果メニュー(アピアランス)で追加していた矢印が、線パレットに統合されています。これはこれで使いやすいのですが、従来の破線設定までの入力だけでも大型化しています。

私は、Illustarator8 以降は、あまり画面のワークスペースに大きな変更をしないで使ってきました。

Illustrator CS3
Illustrator CS3 で使っていたワークスペース

しかし、CS6のパレット大型化にともない、このワークスペースでは書類ウィンドウがあまりに小さくなるため、パレットの配置を試行錯誤しています。よく使うパレットには迅速にアクセスできることが大切です。私は絵師(illustrator)ではなく、正確な作図と文字編集の容易さを重視します。しばらくパレットを動かしたり元に戻したり、ということが続きそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。