Viber が日本語の MacOS X 10.8 でも動作するようになった

VoIP & メッセンジャーソフトウェア「Viber」というソフトがあります。配布元のホームページこそ英語ですが、アプリ自体は丁寧に日本語化されています。

しかし、Mac版の Ver.3.x までは、OS X 10.8.x MountainLion の日本語環境では起動しないという困ったトラブルがありました。(下図)

Viber 3.x は、日本語の OS X 10.8 MountainLion で起動できない場合がある
Viber 3.x は、日本語の OS X 10.8 MountainLion で起動できない場合がある

このトラブルは、MacOS X の言語環境を「English」にするなどしたら出なくなるのですが、それだと、OS全体が英語化してしまい、使いにくいことこの上ないものでした。

Viberの開発元にリクエストを出していたら、改善されました

Facebook の Viber 公式にエラーログなどを提出するなどして改善をお願いしていましたら、Ver.4.0.3 になってようやく正常に使えるようになりました。

Viber for Mac Ver.4.0.2 が日本語MacOS X で動作します
Viber for Mac Ver.4.0.3 が日本語MacOS X 10.8.x で動作します

これで、Macからも通話やメッセンジャーが使えるようになりました。今後、活用していこうと思います。

Viber は「通話が切れにくい」

VoIP と メッセンジャーを兼ね備えたソフトは、Skype や LINE といったソフトもあります。このViberも、機能としては LINE と大差ありません。スタンプ機能があり、開封通知機能があり、「Viber OUT」という一般電話への発信機能もあります。

機能としては大差ないのですが、先日、海外旅行していた友人との通話では、フランスから日本への安定した通話が出来たのは Viber だったのです。LINE や Facetime、Skypeでは、帯域がきつく制限されている海外のレンタルWiFiルーターを介した通話は、まったく会話が成立しませんでした。

そんなときでも、Viber はなんとか通話が成立していたのが印象に残っています。日本語化が遅れるなどして、日本ではマイナーな存在ではありますが、楽天が買収したことですし、もう少しその便利さが認知されてもいいのでは…と思います。

例えば、仕事はViberを使い、プライベートはLINEと使い分ける方法があります。

「アプリを立ち上げたら、すべてのメッセージを読まされて、仕事もプライベートも“開封済み”になってしまう問題」は、わりと厄介に思っている方もいるのではないでしょうか。アプリを使い分けて、こういった問題に対処することができますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。