Currently browsing

Page 3

Mac OS X からWebDAVサーバとの通信で -8058 エラーが出る場合

MacOS X からはWebDAVサーバに簡単に繋げるようになりましたが、サーバの種類によっては、Macからデータのアップロードやダウンロードを使用とすると「エラー:-8058」等を出し、処理が正常に行われない場合があります。

この症状の特徴は、Windowsから接続している人は問題なく、Mac OS X からアクセスしている場合にのみエラーが起こる、というものです。

筆者の環境では、「さくらインターネット」のレンタルサーバで発生します。

回避法は、プロクシを使用しないで通信するよう設定する

原因はよくわからないのですが、昔、取引先のエンジニアさんが「http/httpsを使ったWebDAV通信でトラブった場合、プロクシを避けると繋がるんだよね」と言っていたのを思い出し、おなじUNIX同士だよなぁ…と思って MacOS X に設定したら解決しました。

手順は以下の通りです。

まず、アップルメニュー → システム環境設定 で、ネットワークを選択します。

nset01

接続中のネットワーク設定の「詳細」をクリックして開きます。

nset02

「プロキシ」設定で、「プロキシ設定を使用しないホストとドメイン」接続先のドメインを入力します。既に何らかの情報が入っている場合は、半角のカンマ(,)で区切ります。

nset03

WebDAVの管理者から、WebDAVのアドレスを貰っていることでしょうから、フルアドレスではなくドメイン部だけを入力します。

例:https://secure0000m.sakura.ne.jp:9802/example/WebDAV/

入力する値:secure0000m.sakura.ne.jp:9802

 

 

YOSEMITE以降の MacOS X で Adobe の CS6 を使う際のJAVAインストール

MacOS X 10.10 (YOSEMITE)以降を新規インストールしたり、再インストールしてシステム移行を行ったあとに、Adobe の CS6 のアプリを起動すると、Javaに関するダイアログが表示される場合があります。

Adobe Illustrator CS6 を開くには、Java SE 6 ランタイムをインストルする必要があります。
“Adobe Illustrator CS6” を開くには、Java SE 6 ランタイムをインストールする必要があります。

これが表示されたとき「詳しい情報」をクリックして表示されるAppleのWebページで、Javaをインストールするように案内されます。

Webページの文中で「最新バージョンのソフトウェアを」と案内されますが、このページが作成された頃の Javaバージョンは6で、現在(2016年6月)は最新バージョンは Java 8 が配布されています。

最新バージョンを http://www.java.com からダウンロードすると、Java 6 よりも新しいものがインストールされてしまい、新しいバージョンのJavaをインストールしても、Adobe CS6 シリーズのソフトが起動しない場合があります(下図)。Java8

Adobe CS6 が起動しない場合は、Java6 をインストールしてみましょう

私の環境(YOSEMITE)では、Java8 ではAdobe Illustrator CS6 が起動しませんでしたので、Appleのサイトから旧バージョン(Java 6)をダウンロードして、インストールする必要がありました。

上の画面でも「注意:旧バージョンは〜」のリンク先でダウンロードできます。念の為、下に直リンクを張っておきます。

Apple で 旧バージョンの Java 6 のダウンロードページ

 

「抱腹Z Freedom」を増刷、予約発送を開始します

コミケット89で即日完売した、当サークルの藤原一気による同人誌「抱腹Z Freedom」が、若干の修正を経て増刷され、納品されました。

たいへん長らくお待たせいたしました。

当サークルでは、1月より承った予約ぶん(頒布価格および送料をうけとった分)について、数日中に発送する見込みです。

到着までいましばらくお待ち下さいませ。

Snapz Pro X と OS X YOSEMITE でカーネルパニックが起こる場合

スクリーンキャプチャソフト「Snapz pro X」を長く使用しており、操作画面をそのまま動画で(しかも音付)で録画出来ることが、たいへん重宝しています。

しかし、これを OS X 10.10.5 YOSEMITE で使用する際に、カーネルパニックを起こす事があります。

具体的なシチュエーションは、Snapz Pro X のキャプチャ画面で「ムービー」を選択し、「ムービーの設定」パレットで「Macオーディオから録音」にチェックを入れた状態で録画を開始すると“アクション!”の音声が流れずに、問題が起きたためコンピュータを再起動しました〜 表示されカーネルパニックの画面を出します。

問題が起きたためコンピュータを再起動しました。このまま起動する場合は、いずれかのキーを押すか、数秒間そのままお待ちください。
問題が起きたためコンピュータを再起動しました。このまま起動する場合は、いずれかのキーを押すか、数秒間そのままお待ちください。

原因は AmbrosiaAudioSupport.kext

このトラブルは、Snapz Pro X が OS X で再生されている音をキャプチャするためのプラグイン「AmbrosiaAudioSupport.kext」が適切な場所にないか、バージョンが古い場合に起こります。

現在の Snapz Pro X の最新バージョンは「2.6.0」ですが、これよりも古いバージョンからアップデートを繰り返して使っていると、古い「AmbrosiaAudioSupport.kext」が残ってトラブルの原因になるようです。

最新版(2.6.0)のインストーラは、「AmbrosiaAudioSupport.kext」をインストールする場所が違うため、古い同ファイルを正しく置き換えられないことが原因ではないかと考えています(はっきりとはしませんが…)。

対処方法

まず、古い「AmbrosiaAudioSupport.kext」を手動で削除します。

起動HD(Macintosh HD 等)→「システム」→「ライブラリ」→「Extensions」→の中にある「AmbrosiaAudioSupport.kext」を手動でゴミ箱に移動します。(パスワードの入力を求められます)

一旦再起動した後に、Snapz Pro X 2.6.0 のインストーラで、Snapz Pro X をインストールします。(念の為、インストーラのカスタマイズで、「オーディオサポートのインストール」をチェックしておいても良いでしょう)。

インストール後にMacを再起動したら、終了です。

なお、2.6.0 の「AmbrosiaAudioSupport.kext」は、起動HD(Macintosh HD 等)→「ライブラリ」→「Extensions」にインストールされています。ambro

インストーラ・アンインストーラの入手先

Snapz Pro X の配布元であるAmbrosiaでは、現在(2016年5月)最新版のインストーラや、アンインストーラをダウンロードすることができません(原因不明です)。

このソフトは、アイギーク株式会社から日本国内版のインストーラが配布されていますので、そちらからダウンロードして使うと良いでしょう。

Ambrosiaで購入したライセンスキーも使えます。アイギークインク社に問い合わせたところ、Ambrosia で購入したシリアルを使ってインストールするのは問題ないとの事です(ただし購入者サポートは、Ambrosiaから購入した人は受けられません)。

アイギークインクのダウンロードページ

追記:Ambrosiaのダウンロードリンクが正常に動作するようになっていました(2016年6月)

Parallels 9 上のWindows7で、USキーボードを使う

これまで、Webデザインでの検証目的に、Parallels による仮想環境を利用してきました。Parallels はWindowsが扱いやすく、ソフトやドライバーをインストールする際、スナップショット機能を使えば「インス …

コミケット89(3日目・東ホ17-a)

私どもは、今冬のコミケット89に出展いたします。 出展日・ブースNo. 12月31日(木曜日/3日目) 東5ホール・ホ-17a 新刊案内 抱腹Z Freedom 〜オタクの承認欲求〜 当サークルの藤原一気による、抱腹Zシ …

第一回 文学フリマ福岡 ブース配置図

2015年 10月25日 に開催される「文学フリマ福岡」での、ブース配置図のPDFを配布しています。データは2種類で、A4サイズとB4サイズの2種類です。内容はまったく同じで、サイズだけが違います。

コミケット88 1日目・東パ-58a

私どもは、今夏のコミケット88に出展いたします。 出展日・ブースNo. 8月14日(金曜日/1日目) 東5ホール・パ-58a 新刊案内 クルタ計算機 応用編 原題「Computing example for the CU …