クルタ計算機 応用編

様々な計算実例で、実際の用途に即した使い方を学べます。

クルタ計算機の使い方を、実際の商工業取り引きや統計分析の実例を元にして解説します。 機械式計算機での平方根や標準偏差の求め方、図形の面積や距離を計算する方法などを、1冊にまとめました。

計算内容

  • 減算の繰り返しによる除算(減算法)
  • 逆数を使った除算
  • たすき掛け法
  • 平方根を求める
  • 立方根
  • 百分率(%)による計算
  • 999…9を利用した計算
  • 定数と定数の2乗の計算
  • 算術平均と標準偏差
  • 答えが負の数になる除算
  • 鋭角三角形のそれぞれの角度を求める
  • 鈍角三角形の1辺の長さを求める
  • 座標から面積を求める
  • ピタゴラスの定理を使って2点間の距離を求める
  • 線形多項式を用いた回帰分析

英語原文にあった誤記をできる限り修正しました。実際のクルタ計算機の操作において、計算と、その解が一致するようにしました。
本書は抄訳版で、原書にあった33の章のうち、18章を掲載しています。

原文には必要最小限なかった図表について見直し、クルタ計算機を保有していなくても操作過程がわかるよう、図表・脚注を追加しました。

おもに同人誌即売会で頒布しております。イベントに足を運べない方は、お問い合わせフォームから通販についてお訊ね下さい(海外発送に対応しています)。

取扱内容

クルタ計算機、活用方法、初歩的な数学、実務計算

  • 著者:東内拓理
  • 翻訳:tsubasa(SORA)、gotcha(ピッチブレンド)、東内
  • 監修:gotcha(ぴっちぶれんど)

≪頒布物リストに戻る