ミャンマー語のWeb作成で、ミャンマー文字の特徴を知る

NARTSがここ半年近くかかって取り組んでいる、TIJ東京日本語研修所のサイト構築に参加させて頂いており、ミャンマー語ページの作成が大詰めを迎えています。

ミャンマー語の改行処理で意味が通じなくなったらしい

OS はミャンマー語を Unicode で処理しようとしますが、現在ミャンマーで普及している Zawgiy-One フォント独自の文字コードの違いで、(予想はしていましたが)ある間違いを指摘されました。

ZAWGIY-ONE
ミャンマー語は、改行位置を間違えると、意味が変わってしまいます。(クリックで拡大)

ミャンマー語は တ と ာ の2文字を続けて入力することでတာ という一文字に変化します。ここまではわかっていましたが、新たに指摘されて判明したのが「単語も1文字として扱う事がある」というミャンマー語の特徴でした。

日本語で言うなら、「池」と表現したつもりが「雨申池」と変化してしまった、に似ているのでしょうか。
ミャンマー語の複雑な事情に、もう少しかかりっきりになりそうです…。そろそろミャンマー文字の数字くらいは、キーボードビューア を見ずも検討がついてくるようになりました…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。