落語天女おゆい

落語天女おゆい九州の地上波放送では観られないので、スカパー!で「落語天女おゆい」を観賞中…。
少女が噺家を目指して修行と人間関係を深めていく…て話しかと思いきや、これは落語をモチーフにしたセーラームーンですわ、あははは。光る宝珠(←南総里見八犬伝が元ネタか)に導かれた女の子達が、妖魔と戦うシーンでは落語の「じゅげむ」を唱えてカメハメ波を撃つというのがもう爆笑もんである。

…さてこのアニメ、落語芸術協会・75周年企画となっているだけあって、江戸の風俗や落語用語?を映像化する事にこだわっているのが好感。ヒロイン達が三遊亭圓朝におごって貰った二八そばの屋台や、幕末だけあって「写真」の事を町人が知っているなど、なかなかの凝りよう。
「そっちのシンネリムッツリはどうだ?」「おじさん!タエちゃんはムッツリ助平じゃありません!」「違ぁう!陰気くさいって事だ」…へぇ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。