macOS用のFTPクライアント「Filezilla」は、マルウェア(アドウェア)に汚染されているのではないか

以前、MacOS X 用の WebDAV 対応のFTPクライアントソフトを探していた際、フリーの「Filezilla」を試した事がありました。
souce forge からダウンロードしたものをインストールしたところ、画面に広告を表示するアドウェアをインストールされてしまい、すぐにバックアップのシステムと入れ替えて修復する事態になりました。(この時、Mac用のESETはこれを見逃しました。現行のESETでは、後述の通り検出するようです)

現行の Filezilla からマルウェアが検出されています

それ以来、FileZilla には良くない印象を持っていましたが、ゴトログさんのブログ記事で「公式サイトのFilezilla(Mac版)から、マルウェアが検出された件。」が公開され、Filezilla公式で配布されている同ソフトから、マルウェアが検出されたと報告されています。(ESETによる検出)

なんと、Filezillaのインストール用zipファイルに含まれるファイルの8つのファイルのうち、2つがなんらかのマルウェアに感染しているという判定に。

マジですか。公式サイトだよね?これ・・・。

──ゴトログ。

この記事を読み、当方でもintegoの「VirusBarrier」で検疫したところ、FileZilla公式サイトで配布されている「FileZilla 3.23.0.2」のZIPファイル内からマルウェアを検出しました。(下図)filezilla-malware

OS X 用の「Spigot」は、まさにアドウェアの一種であり、悪意あるプログラムです。(検索すると、Spigotの削除方法を記したサイトが山のようにヒットします。被害者が多いのでしょう。)

公式サイトで配布しているものがこれでは、そもそも「Filezilla」は危なっかしくて使う気になりません。

当方では、FTPクライアントに「Fetch」を、WebDAV接続にはmacOS標準の機能を使用しています。

DiskWarrior はSSDで使用可能

日本語版を亘香通商が販売している、Mac用のソフト「ディスクウォーリア5(DiskWarrior 5)」ですが、HDDやFusionDriveで動作することは言明されています。しかし、SSDに使用して良いかはどこにも書かれていません。

果たしてSSDに「DiskWarrior」を使って良いのか?と疑問に思い、開発元のAlsoftのsupportページを調べたところ、以下の記述がありました。

The directory structure of a Solid State Drive, is the same as a more 鍍raditional hard drive – they both use HFS+ (Mac OS Extended).

As such, DiskWarrior can be safely used with an SSD device.

──出典元のページ(Alsoft)

一部が文字化けしていますが、1行目の文では「SSDはHDDとおなじディレクトリ構造、すなわち HFS+である。」と説明し、2行目で「ということで、DiskWarriorはSSDで安全に使用できます」と明記しています。

DiskWarrior 5 は、SSDに使用しても安全のようですね。

赤外線写真の撮影例5点

画像クリックで拡大表示します。

(赤外線写真)Infrared Photography (赤外線写真)Infrared Photography (赤外線写真)Infrared Photography (赤外線写真)Infrared Photography (赤外線写真)Infrared Photography

GIMP 2.8 で赤外線写真のLabカラースワップを行う方法

赤外線写真に、現実と虚構を同居させるのに有用な手法がカラースワップです。

以前のエントリでPhotoshopで行うカラースワップを紹介しましたところ、フリーソフトの「GIMP 2.8」でLabカラースワップする方法について質問されました。そういえば、GIMPでのやり方は同人誌にも書いていませんでした。この記事で紹介させて頂きます。

なお、Labカラースワップの技法は、写真家の澤村徹さんが出版された写真集「BLACK MORNING」で紹介されていたものです。この記事は、それをGIMPで再現したものになります。

ホワイトバランスを調整した写真を準備します

撮って出しの赤外線写真
撮って出しの赤外線写真

この写真は、富士フイルムの「SC66」フィルターを使用し、ホワイトバランスを木の葉に設定して撮影しました。本格的な赤外線写真は、SC70〜SC86といったものを使う事が多いのですが、こちらの方が色の変化が分かり易いので、今回はこれを題材にします。

GIMP で写真を開き、Labカラーレイヤーにして作業を行います

GIMPにはPhotoshopのようなLabカラーモードがありませんが、仮想的にLabカラー編集を行える「チャンネル分解」機能を使うことで、ほぼ似たようなカラースワップを行えます。

※GIMP 2.8 は、チャンネル分解時におけるカラースペースの取り扱いや、カラープロファイル対応により、Photoshopとまったく同じ結果(厳密な色の同一性)にはならない事がありますのでご注意下さい。ご指摘頂いた @yamma_ma さまに感謝いたします。

GIMPで写真を開いたら、「色」メニューの中にある「チャンネル分解」を選択します(下図)。

「色」→「チャンネル分解」
「色」→「チャンネル分解」

チャンネル分解のダイアログボックスで、「色モデル」を Lab に設定し、(チェックされてない場合は)「分解したチャンネルをレイヤーに展開する」にチェックを入れます。(下図)

色モデルをLABに設定して、レイヤーに展開する

これで「OK」を押すと、Labカラーの各色要素を、グレースケールの3層レイヤーに変換した画像が、新たなウィンドウで表示されます。画像がモノクロ画像に見えてしまいますが、正常な動作です

こうして生成した3層レイヤーのモノクロ画像は、レイヤーパレットで見ると、各レイヤーに「L」「A」「B」と名前が付けられています。(下図)

(レイヤーバレットが表示されていない場合は、「ウィンドウ」→「ドッキング可能なダイアログ」→「レイヤー」を選択して表示できます。)

グレースケールの3層レイヤーに変換された、新たな画像が表示されます。(クリックで拡大表示します)
グレースケールの3層レイヤーに変換された、新たな画像が表示されます。(クリックで拡大表示します)

Labカラーレイヤーにして、カラースワップを行います

これからが、カラースワップの本番です。3層のレイヤーのうち、「A」と「B」のレイヤーの階調をそれぞれ反転します。

例として、まず「A」のレイヤーをパレットから選択して、「色」→「階調の反転」を実行します。(下図)実行しても、見た目には変化がありませんが、そのまま作業を続行します。

GIMPによる赤外線写真カラースワップ
「A」レイヤーの階調を反転させます。(クリックで拡大表示します)

次に、パレットから「B」を選択して、同じく「階調の反転」を行います(下図)。この時点でも、画像の見た目に変化はありません。最上の「L」レイヤーの見た目がそのままだからです。

「B」レイヤーを反転させます。(クリックして拡大表示)
「B」レイヤーを反転させます。(クリックして拡大表示)

最後に、Labの各チャンネルを合成して、カラー画像に戻します

これまでの作業で「A」と「B」の階調反転を行った後、色メニューにある「色要素」→「チャンネル合成」を選択します(下図)。

「色」→「チャンネル合成」

合成チャンネルのダイアログウィンドウで、「色モデル」に「LAB」をセットし、「OK」をクリックします。(下図)

色モデルの下にあるリストは、3層のレイヤーをLabのそれぞれどれに適用するかを設定する箇所ですが、このブログ記事の通りに操作していれば、上から順にLabと自動的にセットされているはずですので、操作する必要は無いと思います。

チャンネル合成でカラー画像に復帰させます。
チャンネル合成の設定をセットします。(クリックで拡大)

これで完成!

これで、モノクロのレイヤー画像がカラー画像に復帰し、Labカラースワップした画像が新たなウィンドウに表示されます。空が青色になっているのがご覧頂けます(下図)。

GIMPでのLabカラースワップの結果
(クリックで拡大)

以上が GIMP 2.8 におけるLabカラースワップの手順です。

ChromeでCSS・borderによる線が印刷できない

Googleが配布するWebブラウザ「Chrome」で、CSSで指定した罫線が印刷できない場合があり、おそらくバグと思われます。WIndows / OS X(macOS)双方のバージョン 54.0.2840.98 以前の …

Adobe Illustrator CC 2015.3001

第二回文学フリマ福岡・ブース配置図

2016年 10月30日 に 都久志会館 で 開催される「文学フリマ福岡」での、ブース配置図のPDFを配布しています。A4サイズです。   PDF形式ですので、ご自身のプリンターで出力したり、コンビニのPDFプ …

高音質なモノラルイヤホン・ヘッドセットを自作する

自転車や自動車を運転している際、ステレオイヤホンを両耳に入れているのは(音を鳴らさなくても)道交法違反として取締の対象にばる場合があります。※都道府県によって条件が変わります。 私は、自転車を運転する際に、ナビゲーション …

コミックマーケット90 における出席の取りやめについて

明日(8月14日)に、コミックマーケット90の3日目が執り行われますが、本サークルは、出席を断念せざるをえない状況になり、出展をとりやめにいたします。当日、『東4ホール メ-43b』のブースは開かれません。 コミックマー …

denyu_sn01

九州電遊博 7月31日

発笑探検隊は、2016年 7月 31日に開催される「九州電遊博」に、出展致します。 レトロな機械式計算機「クルタ計算機」の触って試せる実演展示、赤外線写真用に改造したデジタルカメラの実機展示、およびそれらの関連同人誌を、 …