赤外線写真の撮影例5点

画像クリックで拡大表示します。

(赤外線写真)Infrared Photography (赤外線写真)Infrared Photography (赤外線写真)Infrared Photography (赤外線写真)Infrared Photography (赤外線写真)Infrared Photography

GIMP 2.8 で赤外線写真のLabカラースワップを行う方法

赤外線写真に、現実と虚構を同居させるのに有用な手法がカラースワップです。

以前のエントリでPhotoshopで行うカラースワップを紹介しましたところ、フリーソフトの「GIMP 2.8」でLabカラースワップする方法について質問されました。そういえば、GIMPでのやり方は同人誌にも書いていませんでした。この記事で紹介させて頂きます。

なお、Labカラースワップの技法は、写真家の澤村徹さんが出版された写真集「BLACK MORNING」で紹介されていたものです。この記事は、それをGIMPで再現したものになります。

ホワイトバランスを調整した写真を準備します

撮って出しの赤外線写真
撮って出しの赤外線写真

この写真は、富士フイルムの「SC66」フィルターを使用し、ホワイトバランスを木の葉に設定して撮影しました。本格的な赤外線写真は、SC70〜SC86といったものを使う事が多いのですが、こちらの方が色の変化が分かり易いので、今回はこれを題材にします。

GIMP で写真を開き、Labカラーレイヤーにして作業を行います

GIMPにはPhotoshopのようなLabカラーモードがありませんが、仮想的にLabカラー編集を行える「チャンネル分解」機能を使うことで、ほぼ似たようなカラースワップを行えます。

※GIMP 2.8 は、チャンネル分解時におけるカラースペースの取り扱いや、カラープロファイル対応により、Photoshopとまったく同じ結果(厳密な色の同一性)にはならない事がありますのでご注意下さい。ご指摘頂いた @yamma_ma さまに感謝いたします。

GIMPで写真を開いたら、「色」メニューの中にある「チャンネル分解」を選択します(下図)。

「色」→「チャンネル分解」
「色」→「チャンネル分解」

チャンネル分解のダイアログボックスで、「色モデル」を Lab に設定し、(チェックされてない場合は)「分解したチャンネルをレイヤーに展開する」にチェックを入れます。(下図)

色モデルをLABに設定して、レイヤーに展開する

これで「OK」を押すと、Labカラーの各色要素を、グレースケールの3層レイヤーに変換した画像が、新たなウィンドウで表示されます。画像がモノクロ画像に見えてしまいますが、正常な動作です

こうして生成した3層レイヤーのモノクロ画像は、レイヤーパレットで見ると、各レイヤーに「L」「A」「B」と名前が付けられています。(下図)

(レイヤーバレットが表示されていない場合は、「ウィンドウ」→「ドッキング可能なダイアログ」→「レイヤー」を選択して表示できます。)

グレースケールの3層レイヤーに変換された、新たな画像が表示されます。(クリックで拡大表示します)
グレースケールの3層レイヤーに変換された、新たな画像が表示されます。(クリックで拡大表示します)

Labカラーレイヤーにして、カラースワップを行います

これからが、カラースワップの本番です。3層のレイヤーのうち、「A」と「B」のレイヤーの階調をそれぞれ反転します。

例として、まず「A」のレイヤーをパレットから選択して、「色」→「階調の反転」を実行します。(下図)実行しても、見た目には変化がありませんが、そのまま作業を続行します。

GIMPによる赤外線写真カラースワップ
「A」レイヤーの階調を反転させます。(クリックで拡大表示します)

次に、パレットから「B」を選択して、同じく「階調の反転」を行います(下図)。この時点でも、画像の見た目に変化はありません。最上の「L」レイヤーの見た目がそのままだからです。

「B」レイヤーを反転させます。(クリックして拡大表示)
「B」レイヤーを反転させます。(クリックして拡大表示)

最後に、Labの各チャンネルを合成して、カラー画像に戻します

これまでの作業で「A」と「B」の階調反転を行った後、色メニューにある「色要素」→「チャンネル合成」を選択します(下図)。

「色」→「チャンネル合成」

合成チャンネルのダイアログウィンドウで、「色モデル」に「LAB」をセットし、「OK」をクリックします。(下図)

色モデルの下にあるリストは、3層のレイヤーをLabのそれぞれどれに適用するかを設定する箇所ですが、このブログ記事の通りに操作していれば、上から順にLabと自動的にセットされているはずですので、操作する必要は無いと思います。

チャンネル合成でカラー画像に復帰させます。
チャンネル合成の設定をセットします。(クリックで拡大)

これで完成!

これで、モノクロのレイヤー画像がカラー画像に復帰し、Labカラースワップした画像が新たなウィンドウに表示されます。空が青色になっているのがご覧頂けます(下図)。

GIMPでのLabカラースワップの結果
(クリックで拡大)

以上が GIMP 2.8 におけるLabカラースワップの手順です。

ChromeでCSS・borderによる線が印刷できない

Googleが配布するWebブラウザ「Chrome」で、CSSで指定した罫線が印刷できない場合があり、おそらくバグと思われます。WIndows / OS X(macOS)双方のバージョン 54.0.2840.98 以前のChromeで発現し、他のブラウザ(EDGE、safari、FireFox)では見られない現象です。(2016年11月現在)

boeder-style: solid 以外の場合に発現する

具体的には、印刷時のみCSSを適用するメディアクエリー @media print 内で指定した border-style や border による 線種の値が、solid 以外(dotted、dashed 等)の場合、プリンタで印刷しても印刷されず、印刷前のプレビューにも表示されません。

例えば、以下のような例です。

このようなコードで印刷用罫線をsfari、FireFox、EDGEで描画した場合、実際の例としては下のように印刷されます。

safari_border

ところが、同じページをChromeで印刷すると、下のようになり、罫線がいくつか消えてしまいます。1本だけの場合もあれば、複数本が消える場合があります。また、この現象はChromeを再起動しても完全には改善されません。

chrome_border

この現象が発現しているとき、chromeの印刷画面で用紙方向レイアウトを「横」にすると、消えてた線が表示されたり、別の罫線が消失することがあるのも特長です。(下図)

safari_border02

解決法は、線の種類を「solid」に指定すること

2016年11月現在、この現象の完璧な回避法が見つかりません。

検証したところ、CSSにおいて、border-style: solid; することでこの現象をひとまず回避できるようです。破線や点線での描画ができないのは、情報の重み付けに不便ですが、2016年11月現在では、この方法しかないようですね。 

Adobe Illustrator CC 2015.3001

第二回文学フリマ福岡・ブース配置図

2016年 10月30日 に 都久志会館 で 開催される「文学フリマ福岡」での、ブース配置図のPDFを配布しています。A4サイズです。

fm_sc02

 

PDF形式ですので、ご自身のプリンターで出力したり、コンビニのPDFプリントで出力するなどして、自由にお使い下さい。

4つのおおまなかジャンル分けを、色で表しています。

下のリンクからダウンロードできます。

 

高音質なモノラルイヤホン・ヘッドセットを自作する

自転車や自動車を運転している際、ステレオイヤホンを両耳に入れているのは(音を鳴らさなくても)道交法違反として取締の対象にばる場合があります。※都道府県によって条件が変わります。 私は、自転車を運転する際に、ナビゲーション …

コミックマーケット90 における出席の取りやめについて

明日(8月14日)に、コミックマーケット90の3日目が執り行われますが、本サークルは、出席を断念せざるをえない状況になり、出展をとりやめにいたします。当日、『東4ホール メ-43b』のブースは開かれません。 コミックマー …

denyu_sn01

九州電遊博 7月31日

発笑探検隊は、2016年 7月 31日に開催される「九州電遊博」に、出展致します。 レトロな機械式計算機「クルタ計算機」の触って試せる実演展示、赤外線写真用に改造したデジタルカメラの実機展示、およびそれらの関連同人誌を、 …