マンガにおける双眼鏡の描写が、実際の見え方と違う?

先日、架空戦記マンガでなかなかの佳作「GRAND LESS(グランドレス)」を読んでいましたら、下のような双眼鏡をのぞいたシーンがありました。

GRANDLESS 2巻(月影蛍太)
GRANDLESS 2巻(月影蛍太)

双眼鏡の視界が「∞ 横に倒した雪だるま」の形状になっています。様々なマンガ作品や映画などで、双眼鏡を使うシーンとしてこのような描写がありますが、実際の見え方はまったく異なります。

今回は、双眼鏡の視界について説明したいと思います。

双眼鏡の視界は「円形」である

いきなりの結論です。実際に双眼鏡を使った方はご存じでしょうが、双眼鏡を両目で覗いても、視界は「横倒し雪だるま形状」にはなりません。ほぼ円形になります。

双眼鏡の視界

双眼鏡をお持ちでない方も、お店などでちょっと試して下さい。ほとんどの場合、「雪だるま」形状にはならないはずです。──ほとんどの場合、と書いたからには例外があります。双眼鏡の接眼レンズ(目でのぞくほうの側)の幅が、使用者の目の幅と著しくずれて居た場合は、若干の「雪だるま」になります。しかし、これも「2つの円形の視界」が二重にボケて重なるように見え、横に広い視界にはなりません(下図)。

双眼鏡の正しい視界
※説明のため、誇張した図になっています。

この状態は、目の幅が合っておらず、綺麗に見えていない状況です。多くの双眼鏡は、レンズの幅を調節できる機能があるので、それで円形になるように視界を調整します。

双眼鏡の正しい見え方

マンガ/映像表現におけるの「記号」としての描写を否定しない

とはいえ、先に挙げたマンガ「グランドレス」だけが間違っているわけではありません。双眼鏡を雪だるま式に描くのは、多くのマンガで行われており、巨匠クラスの作家でも(たぶん実際に双眼鏡を使った事がありそうな人でも)“採用”している例を見ることができます。

手持ちのマンガで、正しく双眼鏡の視界を描いていたのは意外と見つからず、桜井画門の「亜人」くらいだったでしょうか。

海外の映画でも「雪だるま式」双眼鏡視界がある

また、映画「UNITED 93」でも、下図の様に双眼鏡を「雪だるま」式に描いています。

UNITED93

もちろん、この映画における表現も、実際の双眼鏡と違うのは言うまでもありません。

横倒し雪だるまは、双眼鏡の表現「記号」である

これらの例を見て分かることは、双眼鏡の視界を「雪だるま式」に描く事は、表現における「記号」として定着しているということです。

描く方も、たぶんわかって描いている方が多いのでしょう。

私は双眼鏡の表現がこのような形になるのは違和感があり、読書・視聴の際に気になってしまうのですが、それはそれで記号を素直に受け入れる訓練というかリテラシーがまだ足りないということでしょう。精進したいものです。

macOSがスリープから復帰する度に、Bluetooth設定アシスタントがでる場合

Macを電源投入し、OSが立ち上がった直後や、スリープから復帰する度に毎回「Bluetooth設定アシスタント」が表示される場合があります(下図)。

Bluetooth設定アシスタント
起動後やスリープ復帰の度に表示される「Bluetooth設定アシスタント」

この現象は、起動やスリープ復帰の際のある瞬間に、キーボードやマウスをきちんと認識しきれなかった場合に表示されます。Bluetoothではなく、有線でキーボードやマウスを接続し、どちらも正常に使えているにも関わらず表示される場合もあります。

原因は、マウスやキーボードの互換性

Appleのジニアスバーで検証したところ、この現象は、Macとの「完璧な互換性」が不足している、サードパーティー製品のキーボードやマウスを接続し、なおかつMac本体でBluetoothをオンにしている場合に発生します。

一件、キー入力やマウスカーソルを正常に動かせていても、この「完璧な互換性」が不足していると、このような症状になります。

最近は、iOS機器とのユニバーサルクリップボードや Hand Off を利用する為にMacのBluetoothを常にオンにしている事も多いので、このようなトラブルに遭遇する機会もあることでしょう。

対処方法はアップル純正品を使うか、完璧な互換性がある製品を使う

スリープ復帰の度にBluetooth設定アシスタントを終了させるのもうざったいので、なんとか対処したいのですが、このトラブルはソフトウェアの設定等では解決できず、互換性に難があるハード(マウスまたはキーボード)を交換するしかありません。

当方では、Kensingtonのマウス「Pro Fit」シリーズを、macOS sierra 10.12.3 + MacPro (2013) で使用した際に100%再現しました。また、AppleStore 福岡天神店のMacProでも再現したので、他の製品(マウス等)でもみられる現象かもしれませんね。

個人的には、Kensingtonのマウスは様々な機種を15年以上も愛用してきたので、ちょっと残念な気になっています。

macOS用のFTPクライアント「Filezilla」は、マルウェア(アドウェア)に汚染されているのではないか

以前、MacOS X 用の WebDAV 対応のFTPクライアントソフトを探していた際、フリーの「Filezilla」を試した事がありました。
souce forge からダウンロードしたものをインストールしたところ、画面に広告を表示するアドウェアをインストールされてしまい、すぐにバックアップのシステムと入れ替えて修復する事態になりました。(この時、Mac用のESETはこれを見逃しました。現行のESETでは、後述の通り検出するようです)

現行の Filezilla からマルウェアが検出されています

それ以来、FileZilla には良くない印象を持っていましたが、ゴトログさんのブログ記事で「公式サイトのFilezilla(Mac版)から、マルウェアが検出された件。」が公開され、Filezilla公式で配布されている同ソフトから、マルウェアが検出されたと報告されています。(ESETによる検出)

なんと、Filezillaのインストール用zipファイルに含まれるファイルの8つのファイルのうち、2つがなんらかのマルウェアに感染しているという判定に。

マジですか。公式サイトだよね?これ・・・。

──ゴトログ。

この記事を読み、当方でもintegoの「VirusBarrier」で検疫したところ、FileZilla公式サイトで配布されている「FileZilla 3.23.0.2」のZIPファイル内からマルウェアを検出しました。(下図)filezilla-malware

OS X 用の「Spigot」は、まさにアドウェアの一種であり、悪意あるプログラムです。(検索すると、Spigotの削除方法を記したサイトが山のようにヒットします。被害者が多いのでしょう。)

公式サイトで配布しているものがこれでは、そもそも「Filezilla」は危なっかしくて使う気になりません。

当方では、FTPクライアントに「Fetch」を、WebDAV接続にはmacOS標準の機能を使用しています。

DiskWarrior はSSDで使用可能

日本語版を亘香通商が販売している、Mac用のソフト「ディスクウォーリア5(DiskWarrior 5)」ですが、HDDやFusionDriveで動作することは言明されています。しかし、SSDに使用して良いかはどこにも書かれていません。

果たしてSSDに「DiskWarrior」を使って良いのか?と疑問に思い、開発元のAlsoftのsupportページを調べたところ、以下の記述がありました。

The directory structure of a Solid State Drive, is the same as a more 鍍raditional hard drive – they both use HFS+ (Mac OS Extended).

As such, DiskWarrior can be safely used with an SSD device.

──出典元のページ(Alsoft)

一部が文字化けしていますが、1行目の文では「SSDはHDDとおなじディレクトリ構造、すなわち HFS+である。」と説明し、2行目で「ということで、DiskWarriorはSSDで安全に使用できます」と明記しています。

DiskWarrior 5 は、SSDに使用しても安全のようですね。

GIMP 2.8 で赤外線写真のLabカラースワップを行う方法

赤外線写真に、現実と虚構を同居させるのに有用な手法がカラースワップです。 以前のエントリでPhotoshopで行うカラースワップを紹介しましたところ、フリーソフトの「GIMP 2.8」でLabカラースワップする方法につい …

ChromeでCSS・borderによる線が印刷できない

Googleが配布するWebブラウザ「Chrome」で、CSSで指定した罫線が印刷できない場合があり、おそらくバグと思われます。WIndows / OS X(macOS)双方のバージョン 54.0.2840.98 以前の …

第二回文学フリマ福岡・ブース配置図

2016年 10月30日 に 都久志会館 で 開催される「文学フリマ福岡」での、ブース配置図のPDFを配布しています。A4サイズです。   PDF形式ですので、ご自身のプリンターで出力したり、コンビニのPDFプ …

高音質なモノラルイヤホン・ヘッドセットを自作する

自転車や自動車を運転している際、ステレオイヤホンを両耳に入れているのは(音を鳴らさなくても)道交法違反として取締の対象にばる場合があります。※都道府県によって条件が変わります。 私は、自転車を運転する際に、ナビゲーション …

コミックマーケット90 における出席の取りやめについて

明日(8月14日)に、コミックマーケット90の3日目が執り行われますが、本サークルは、出席を断念せざるをえない状況になり、出展をとりやめにいたします。当日、『東4ホール メ-43b』のブースは開かれません。 コミックマー …