Currently browsing

Page 2

久留米市が運営する複合施設「久留米シティプラザ」のTwitterアカウントは、なぜ非公開設定なのか

久留米市に、商業施設と劇場が併設された「久留米シティプラザ」がオープンしました。これから久留米の街に少しずつ演劇の種が撒かれ、芽を出して育っていくことかと思うと、とても楽しみでなりません。

そんな中、ひとつだけ疑問になったことがあります。

久留米シティプラザの公式Twitterアカウントが「非公開設定(鍵付き)」である

画像クリックで拡大します
画像クリックで拡大します

8月上旬の現在、久留米シティプラザのTwitterアカウントは、非公開設定(いわゆる『鍵付き』)に設定されており、市民に発言が公開されていません。

施設を運営するのは久留米市であることから、このアカウントは「久留米市」または同市から委託された者が運営している、「地方公共団体の公式アカウント」と言えましょう。このような属性のアカウントが、個人情報を回覧したり公には言えない(ヘイトスピーチや不倫の話題を暴露するなどの)発言を行ったりするタイプの人が、ひとまず炎上を最小限に抑えるためにしばしばよく利用する「非公開アカウント設定」をしているというのが、とても気になっています。

価値観を揺るがすような刺激的な何かがあるのか?

一体中でどんな「刺激的な」発言が行われているのでしょう。ワクワクする気持ちでフォローをクリックし、承認待ちです。

このようなTwitterアカウントの運営方針は、地方自治体の情報公開の手段として適切なのでしょうか? 情報公開にかかる方式として、なぜ「承認制の非公開アカウント」を選択したのでしょう。

色々想像がわいてきます。

──というのも、久留米シティプラザの劇場施設の中の人に、80年代の小劇場演劇(アングラ演劇的な)をばんばんやりまくった旗手のような方がいます。なのでこれは「一般に公開するには刺激的すぎる」発言を、テントの中(鍵付きアカウントの中)でやっているような演劇的手法の1つではないかとも想像できるのです。

これまでの公共団体のアカウントとしては、一般の価値観や常識を根底から揺るがすような炎上につながりかねない発言が、テントの中(≒鍵付きアカウントの内側)で行われつつも、しばしばアングラ演劇のラストがそうであったようにテントの幕ががばーっと外れて(≒公開アカウントに切り替わって)、その揺いだ価値観が世間の中に流れ出していく/もしくは帰って行く──というのを、やってくれそうではないですか?

ぜひとも承認してもらって、その瞬間に立ち会いたいものです。

※補足文を追加しました

Twitter上で「公的機関のアカウントが良からぬ用途に使っているので鍵付きアカウントにしているのではないかと邪推する意見」との指摘がありました。確かに説明不足(施設の背景)でしたので、文を補足しました。同じtweetで「単にtwitterの使い方がわかっていないという想像を差し置いて──」という見解がございますが、それは最初に頭に浮かんだのですが、今どきそんな理由で非公開にするのは、理由としてつまらないため、本当にそう(分かんないからとりあえず鍵付き)だったら、ちょっとガッカリです。

2016.8.15 追記
アカウント(@KurumeCityPlaza)は、本当に公式アカウントなのか? とFPAPの高崎さまより、疑問を呈されました。そこで久留米市広報課に問い合わせましたら、同課のフクハラ様より回答を頂きました。件のアカウントは、同市・総務課が久留米シティプラザの公式アカウントして取得したもので間違いありませんでした。ただ将来的に運用するのを見越し先行してとりあえず取得したものであり、内部での発言などの「運用」は、まだスタートしていないとのことだそうです。
私が妄想したような、演劇的な演出ではないそうです。期待してたのにちょっと残念です…。

九州電遊博 7月31日

発笑探検隊は、2016年 7月 31日に開催される「九州電遊博」に、出展致します。

レトロな機械式計算機「クルタ計算機」の触って試せる実演展示、赤外線写真用に改造したデジタルカメラの実機展示、およびそれらの関連同人誌を、手に取って楽しむことが出来ます。同人誌は販売も行います。

クルタ計算機

強制収容所に放り込まれたユダヤ人エンジニアが、生と死の隣り合わせの環境で発明した機械式計算機です。
電源を使用しないので「電遊博」との趣旨は少しズレるかもしれませんが、アナログの計算尺と違って、本機は「デジタル表示」で四則演算が可能な、れっきとしたデジタル製品です。

クルタ計算機

日本語訳のマニュアルも300円で販売します。40年以上前に使われていた、電卓とソロバンの間を埋める機械式計算機の、使用方法の基礎を学べます。

クルタ計算機チュートリアル日本語版

 

赤外線写真・改造デジタルカメラ

赤外線写真
赤外線で撮影した、福岡の街です

2000円前後で買える中古の片落ちデジタルカメラを改造し、赤外線写真を楽しむ為の実演展示を行います。

デジタルカメラの改造は(手袋をして感電対策をすれば)それほど難しいものではありませんので、小学生の高学年向けの自由研究としても面白いものです。ゲルマニウムラジオを作るのと、難易度は大差ありません。

改造中のデジカメ。初めてでも、所要時間は1時間前後です。
改造中のデジカメ。初めてでも、所要時間は1時間前後です。

実際に改造したデジタルカメラや、改造途中の分解品の展示と説明、そして改造方法や光学理論を解説した、2冊の同人誌を展示・販売します。

特に、小学校の高学年でプリズムを用いた分光を理科の授業で経験していると思います。目に見えない「赤外線」で撮影するという原理を、光の波長という方面から学ぶ事も可能です。

展示した改造デジカメは、貸し出しも可能です。会場を撮影したり、屋外を撮影して、撮影データをお持ちになったSDカードに保存し、お持ち帰りしたり、後述するフォトプリンタでの高品質な印刷が可能です。

参考(販売する同人誌)

 

昇華型熱転写フォトプリンターを活用してみよう

キヤノンから販売されていた「CP800」を設置し、SDカードやUSBメモリ・コンパクトフラッシュでお持ち頂いた写真データを、その場でプリント致します(L版・1枚50円)。

IMG_5396

アルプス電器が開発し、時代の中に消えていった「マイクロドライ」方式による、輪郭がハッキリした印刷機構を、キヤノンがフォトプリンタとして受け継いでいます。

先述した赤外線写真をプリントするのもよし、会場で撮影した写真を記念に出力するのも良し、たまたまスマホに入っていた写真をSDカード経由で出すのも良しと、様々にお楽しみ頂けます。デジタルに慣れ親しみすぎると、写真を紙にプリントする楽しみをともすれば忘れがちです。ぜひ、紙に出して写真を楽しみましょう。

 

場所は、福岡県福岡市の「福岡県立ももち文化センター」です。7月31日、皆さまのご来場をお待ちしております。

九州電遊博公式ブログ

和歌山県の18歳向け選挙ポスターに対抗して、独自の案を作ってみました。

和歌山県が作成した「ミカンの選挙ポスター」がどうにも好きになれないので、15分で作ってみました。

平成28年参議院通常選挙ポスター
※クリックで拡大表示します

※【なぜレモン?と思った方は英和辞書を引いてみましょう

Adobe Stock を1ヶ月以内に解約する場合に、2万円以上を請求されない方法

写真素材の販売サイト「fotolia」が 2015年1月にAdobeに買収されて、Adobe CC のユーザー向けに「Adobe Stock」という名前で新サービスを開始しています。

この Adobe Stock は、Adobe CC のアプリ「ライブラリ」パレットに統合されて使いやすく、また、現在(2016年6月)のキャンペーン料金も、特に印刷用の高解像度画像を購入すると考えた場合、本家fotoliaよりも非常に安価です

  1ヶ月ごとの料金 1ヶ月のダウンロード可能数 1点あたりの金額
fotolia 3,000円 5点 600円
Adobe Stock 3,480円 10点 348円

Adobe Stockは年間契約なので注意

ここからが本題ですが、Adobe Stock は Adobe CC のように「年間契約」をして、1ヶ月毎に分割料金を支払う…という形式で、解約月以外に解約すると、違約金を支払う事になります。そう、あの悪名高い携帯電話の「2年縛り」と同じ方式なのです。

初月に解約しても違約金?

Adobe Stock を契約する前は、下記の画面のように「初月のいつでも解約可能」と明記していますが、この解約の案内と方法に落とし穴があります。

Adobe Stock は初月ならいつでも解約可能と明記していますが…
Adobe Stock は「初月のいつでも解約可能」と明記していますが… ※クリックで拡大表示

この「初月のいつでも解約可能」という案内を鵜呑みにして契約し、やっぱり気に入らなかったので、1ヶ月を経たずに解約したい…と思って。Webサイトから「解約」の手続きを取ろうとすると、20,669円の違約金を請求されます(下図)。

1ヶ月以内に解約しようとすると、年間契約の半額を支払うように表示されます。
1ヶ月以内に解約しようとすると、年間契約の半額を支払うように表示されます。

多くの人は、ここで「年間契約の毎月払い」であることの重要な意味に気付き、なおかつ利用規約を良く読んでいなかった──と思って、びっくりすることでしょう。このまま契約を続けるか、それともさっさと解約をするか…かなり迷うはずです(そして仕方なく、前者を選ぶのではないでしょうか)。

この表示は、法律的にどうなのか?

「最初の月は無料」と明記されています。
「最初の月は無料」と明記されています。

「最初の月は無料」「初月のいつでも解約可能」と明記している以上、1ヶ月以内は無料で試す事ができ、1ヶ月以内に解約すると無料のまま解約できる…と誰もが思ってしまうのが普通です。

消費者契約法では、このような紛らわしい表示をして契約を誘引し、「解約するなら、違約金を支払って下さい」とすることは、明確に法律で禁止しています。

事業者は、消費者契約の条項を定めるに当たっては、消費者の権利義務その他の消費者契約の内容が消費者にとって明確かつ平易なものになるよう配慮するとともに、消費者契約の締結について勧誘をするに際しては、消費者の理解を深めるために、消費者の権利義務その他の消費者契約の内容についての必要な情報を提供するよう努めなければならない。
──消費者契約法 第三条

消費者は、事業者が消費者契約の締結について勧誘をするに際し、当該消費者に対して次の各号に掲げる行為をしたことにより当該各号に定める誤認をし、それによって当該消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示をしたときは、これを取り消すことができる。
①重要事項について事実と異なることを告げること。 当該告げられた内容が事実であるとの誤認
──消費者契約法 第四条

従って、もし Adobe Stock の初月解約でお金を支払わなければならないとしたら、Adobeは違法行為を行っている…という話になります。しかし、Adobeは2重の方法で、この法律を回避しています。

同意したら、債務の存在を証明したことになる

まず、金額に納得が行かないなぁ…思いつつも、「今、解約されると 20,669円の解約金が発生します」を読んでから「解約する」をクリックすると、20,669円の債務があることに、あなたが同意し、その存在と債務の履行責任を証明したことになってしまいます。

したがって、この画面で「解約する」をクリックしてはいけません。

解約方法が準備されていた

「解約金を支払わないと解約できない」というルールならAdobeが違法なのですが、実は初月での解約金ゼロによる解約をする方法を、Adobeがきちんと整えています。そのせいで、このまぎらわしい契約解除の方法が、ギリギリで合法のラインに踏みとどまらせています。

これにより「解約金を支払わないといけない」のではなく、「無料で解約できる仕組みはあるのに、あえて利用者が解約金の存在を認めて支払いに同意した」という形が成立しているわけです。

おっそろしい発想です。

解約は、Adobeのサポートにチャットで問い合わせ、オペレータに「初月で解約するので、表示の通り、無料で(解約金なしで)解約していただきたい、と告げればOKです。特に何かを言われるでもなく、「わかりました」とさっくり解約してくれます。

リンク:AdobeStock のサポート問い合わせ窓口

※電話番号も表示されますが、案内通りにプッシュを押すと「その問い合わせは電話では受け付けていません」と言われて無駄な時間になります。

Adobe Stockの弱点は日本人向け素材の少なさ

筆者は、日常的にはfotolia(Adobe Stock)とPIXTAをよく使いますが、それぞれ掲載されている画像の傾向が違います。fotoliaは「え、こんなニッチな用途の素材もあるんだ」と感心するのですが、人物の写真の多くが外国人で、日本人向けのデザイン物では使いにくいです。

元が同じなのでAdobeStockもfotolia同様の問題を抱えており、私はまだ年間契約を結べる段階では無い、と勝手ながら感じています。 サイトの404エラーや、AIデータの読みこみエラーも多発しますし…。

将来の改善に期待したいところですね。

eneloop乾電池で、iPhone6s をどのくらい充電できるのか

1週間に1回程度充電すれば良かった、初期のPHSと比較して、現在のスマホはたいへん電力食いです。 iPhone 6s も例外ではなく、便利に使っていたら1〜2日でバッテリーが尽きてしまい、充電の必要に迫られます。ところが …

「抱腹Z Freedom」を増刷、予約発送を開始します

コミケット89で即日完売した、当サークルの藤原一気による同人誌「抱腹Z Freedom」が、若干の修正を経て増刷され、納品されました。 たいへん長らくお待たせいたしました。 当サークルでは、1月より承った予約ぶん(頒布価 …