Eudora OSE の新規メール作成画面における、テキスト折り返し設定の変更方法

Eudora OSE は、ThunderBird 3 と同じく、新規メール作成画面でのテキスト自動改行幅が、半角72文字(全角36文字)となっています。この文字数では、意外とメールを作成しにくい場面があると思います。
また、携帯電話・スマートフォン向けに送る電子メールは、あえて自動改行してほしくないことと思います。

Eudora OSE では、基本的には半角72文字改行が標準となっていますが、Config ファイルを編集することで、自由に改行幅を設定することができます。

テキスト改行文字数設定の変更手順

まず、Preferences → Advanced → General の選択し、「Config Editor」をクリックします。

 
すると、下のような警告画面が表示されます。意訳すると「注意してください、この操作は動作保証外の行為です」となります。テキスト外行でとくに不具合は出ていないので、このまま「i’ll be carefull, I promise! (意訳:私は充分注意するよ、約束するから!)」をクリックします。

about:config のウィンドウが現れたら、リストから「mailnews.wraplength」を探します。丈夫の検索窓で、wraplength と入力したら、わりとさっくり見つかります。

この項目をダブルクリックして、下のように希望の数値を入力します。
私は0を入力しています。

 
 

数値の大きさでそれぞれ改行位置が変わります。

  • 「80」にすると、半角80字(全角40字)で自動改行します。
  • 「1000」では、ウィンドウの横幅を超えて、半角1000文字(全角500字)に到達するまで、ウィンドウの横幅を超えてもテキストを改行しません
  • 「0」にすると、自動改行は行われず、ウィンドウの幅で折り返すようになります。ウィンドウ幅で折り返したところに、改行コードは入りません。

注意すべきなのは、電子メールはその送信規格において「1行は1000バイト以内である」と規定されていることです。1000バイト以上の設定にしないよう、気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。