グアム旅行:3日目

朝からScuba Companyが主催する体験ダイビングである。…いやデジカメの防水ハウジングを持っていないので、海中の写真は撮れなかった。オレと遊睡氏の水着姿で我慢してくだされ(どっちの我慢なんだか)。

1141402825

体験スキューバ・ダイビング

 ライセンス無しのダイビングといえども水深は3~4mあるので、十分にアクアラングのお世話になれる。…いや、これ、ほんとに楽しいよ。魚肉ソーセージを蒔いたら魚が寄ってくるし、イソギンチャクの中にはクマノミがいる。ナマコをつついたら内臓を吹き出して威嚇するし、スズメ鯛の稚魚がわんさか群れて、蒼い流星みたいだしレイズナー! いや堪能しました。…ライセンスを取ろうかなと思ったが、沖縄ならまだしも、佐賀や福岡では、こんな奇麗さは望めないだろうしなぁ。
 

グアム(タモン湾)の浜辺を散歩

グアムの砂浜を走る少年

午後はひとしきりプールで泳いだ…というかスライダー中心のプールを滑った後(なんで遊睡君はあんなに落下系が好きなのだろうか)、浜辺を散歩。ミクロネシア系とおぼしき子供がはしゃいでいたりと、のどかな光景だ。夕方になると、グアムの風は涼しくて気持ちが良い。…海から上がると少し寒さを感じるくらいである。

ココナツの木が南国を主張する

1141402896

ココナツの木が「熱帯! 熱帯! 熱帯!」と主張している。そこらじゅうに生えているし、実もフツーに成っているし、地面に落ちている。グアムでは、ココナツの木は「自給」「力」という意味があるらしい。

…で、カメラを近くいた兄ちゃんに渡して「Please, May you make to my photograph?(滅茶苦茶な英語だが、コレで通じるもんである)」とお願いして写真を撮ってもらおうとすると、一緒にいたビキニの女の子がいきなり抱きついてきてビックリである。予想外だったので、腰が引けてしまった一瞬を撮られてしまった。…ううむ、オレもまだまだ功夫が足らないなぁ。

P2260896

夕食は、浜辺の「Sailes BBQ」でバーベキューを食す。…いやもう、しばらく肉は見たくないって程の肉・肉・肉である。男性用サンダルみたいなサイズの肉が、8枚くらい出てきたし、野菜もあるし…。んー、でも、なかなか美味でございました。

アメリカ式のバーベキューはタレがこの上なく薄味で、それがかえって量を招く。脂が少ないのも◎。オレ、日本の「霜降り肉」てあんまり好きじゃないんだよね。

遊睡君が、対岸の夜景と星座の美しさに感動する事しきり。

1141402933

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。